チーム・リーグ・選手紹介 欧州5大リーグ

三笘 薫|世界をぶち抜く日本の弾丸【ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンFC|日本代表】

こちらの記事には、一部プロモーションが含まれています。

みなさんこんにちは、YASUです。

今回は、22/23シーズンのプレミアリーグで覚醒を果たし、ブライトン初のEL出場に貢献した日本代表、三笘薫についてご紹介します。

この記事で分かること

  • 三笘薫の基本情報
  • 三笘薫の生い立ちとエピソード
  • ブライトンの試合を視聴する方法
  • ブライトンの試合にベットする方法

三笘の試合にベットできる!!

三笘薫のプロフィール

生年月日1997年5月20日(26歳)
国籍日本
出身神奈川県川崎市
所属リーグプレミアリーグ
所属チームブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンFC
ポジションFW
背番号22番
利き足右足
推定年俸約7億5,000万円
三笘薫の基本情報
シーズン所属クラブ
2020-2021川崎フロンターレ
2021ブライトン
2021-2022ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズ(レンタル)
2022-ブライトン(復帰)
三笘薫のクラブ遷移
YASU
YASU

世界を驚かした男、三笘薫をご紹介!

本記事ではチャンピオンズリーグ=CL ヨーロッパリーグ=EL ワールドカップ=W杯と記載

三笘薫の生い立ちとエピソード

怒涛の展開となった22/23シーズンのプレミアリーグ。全チームが世界最高のリーグに相応しい戦いを見せてくれましたね。

ハイライトでいえば、マンチェスター・シティの3連覇、アーセナルの復活、リヴァプールの失落が思い浮かびます。

色々な意見があると思いますが、プレミアリーグを見ていた方は、もう1つのハイライトにブライトンの快進撃と三笘薫の存在を挙げるのではないでしょうか?

他のチームに比べると注目度は高くなかったはずのブライトンは、凄まじい強さで22/23シーズンのプレミアリーグを席巻。

そして、そのブライトンの左サイドに君臨し、相手チームの脅威となり続けたのがこの三笘でした。

監督のデ・ゼルビからの信頼を得て、ブライトンの中心選手としてワールドクラスのプレーを連発。

後ほどご紹介しますが、2022年に開催されたカタールW杯でも、日本を牽引する活躍を見せ、ある伝説に残るワンプレーで日本の窮地を救いました。

三笘の最大の武器は、最高速度34.02km/hを記録したスピードでぶち抜くドリブルでしょう。

細かなフェイントやテクニックよりも、一瞬の間合いと緩急で、相手DFを翻弄します。

さらに、誰も想像できないようなセンス溢れるプレーも彼の特徴の1つで、彼がボールを持つだけで歓声が上がり、見ている人をワクワクさせます。

今回はブライトンの主役の1人となった三笘薫が、どのように世界から認められるプレイヤーになったのかをご紹介します。

YASU
YASU

日本のエースと言っても過言ではないですね!

日本代表に魅せられた少年

1997年5月20日、三笘薫は九州の大分県で生まれました。生まれて間もなく神奈川県川崎市宮前区に移住。

兄の影響でサッカーに出会った三笘は、家の中で兄と共にドリブルしたりと、すぐにのめり込んでいきました。

5歳の頃、2002年日韓W杯が開催。中田英寿や稲本潤一など、当時の日本代表メンバーのベスト16入りの快進撃を目の当たりにした幼い三笘の中で、一つの目標ができました

"いつか自分もW杯で活躍する"

こうして夢の舞台での自分の姿を想像しながら、日本のドリブラー三笘薫が形作られていきました。

YASU
YASU

日本で開催されたので注目度は大きかったですよね!

磨くドリブル技術

三笘は、地元小学校のチームであるさぎぬまSCに入団し、サッカーキャリアを本格的にスタート。

このさぎぬまSCは田中碧、板倉滉、権田修一といった日本代表選手を多く輩出しているチームですが、決して強いチームではありませんでした。

しかし、選手の才能に重点を置くこのチームのスタンスが三笘のサッカーに対する意識を向上させ、技術の成長につながりました。

そして、プロクラブの川崎フロンターレユースの入団テストを受け、U-10のチームへと加入。

ここから三笘は次々に小学生部門のタイトルを獲得していきますが、意外なことに当時のポジションはボランチで、パサーとして活躍していました。

そんなフロンターレユースで過ごしていた三笘に、転機が訪れます。

当時、U-12の監督を務めていた高崎さんとの出会いでした。

既にチームでも主力として活躍していた三笘に対し、ドリブルで局面を変えられる選手になることをミッションとして与えたのです。

そこからドリブラーとしての意識が芽生え、練習が終わればチームメイトを捕まえてひたすらドリブル練習に励みました。

中学生になる頃には、ドリブルへのこだわりもでき、現在のドリブルのフォームが完成しつつあったそうです。

しかし、高校生のカテゴリーに上がってからは、三笘も苦しい時期を経験します。

三笘が直面したのはフィジカルの問題でした。

磨いてきた技術が通用せず、不貞腐れて感情だけのプレーを見せ、先発落ちの時期も経験します。

しかし、負けず嫌いな三笘はただひたすらに練習を重ね、苦しい時期を乗り越え、フロンターレのトップチームの練習に呼ばれるまでに成長。

そして、実力が認められ、トップチームから契約の声もかかった三笘。ところが、三笘はある決断をクラブに伝えていたのでした。

YASU
YASU

あまりにもうますぎて高校年代では主将に抜擢されたみたいですw

驚きの決断

なんと三笘はトップチームの誘いを断り、大学進学を決意していたのでした。

高校生ながら、冷静に自身の能力を分析し、プロへの道を焦る必要がないと判断。大学でさらに技術を磨くことを選択します。

そんな三笘はスポーツ部門でも日本でも屈指の筑波大学へ進学しました。

この大学4年間で得た知識と経験が三笘にとって重要となりました。

まず三笘が意識したのが緩急スピードを上げたり下げたりするこの動きを洗練し、相手の逆をつくドリブルを身につけていきました。

そして、次に取り組んだのが、ユース時代に苦しんだフィジカルです。

体が重くなるからと避けていた筋力アップを、体に負担がかからないように取り組み、レベルの高い環境でも戦える体づくりに励みました。

そして、三笘は日本のサッカー関係者を驚かせることになる大会に挑みました。

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会です。相手はJ1に所属していたベガルタ仙台。もちろん前評判ではベガルタ仙台が優勢と見られていました。

当時2年生だった三笘は、左サイドで先発出場。大学生達がどこまでプロに喰らいつくのか、という点で注目されていたこの試合は、三笘によって覆されます。

試合が始まると、三笘はキレキレのドリブルを何度も成功させ、なんとこの試合2ゴールを挙げる活躍。ジャイアント・キリングでの勝利に貢献したのでした。

この試合は、本人が今でも1番印象に残っている試合と語っており、三笘薫の名をJリーグのスカウト達が知った瞬間でした。

YASU
YASU

天皇杯の歴史に名を刻んだ瞬間でしたね!

プロへの挑戦

大学で力を磨いていた三笘は、2017年の9月に川崎フロンターレから特別指定選手に選ばれ、Jリーグにも承認される存在にまで成長。

2018年には川崎フロンターレへの加入が内定を決め、2019年には3年連続で特別指定選手に選ばれました。

そして、9月8日のルヴァンカップ・準々決勝第2戦の名古屋グランパスエイト戦では、待ちに待ったプロデビューを飾りました。

得点こそなかったものの、随所にドリブルで攻め込み、上々のデビューとなりました。

そして、大学を卒業した2020年に正式にプロへと歩んだ三笘は、2月22日の開幕戦のサガン鳥栖戦でいきなりのJリーグデビューを果たしました。

初ゴールは第7戦の湘南ベルマーレ戦で、この試合から11戦目のセレッソ大阪戦まで5試合連続ゴールを記録するなど、ルーキーとは思えない活躍を見せていました。

香川真司が出てきた時以上の衝撃。とメディアも報じ、一気に知名度を上げたのでした。

このデビューシーズンは、チームとしてJリーグと天皇杯を制覇。個人では、公式戦30試合13ゴール12アシストの脅威の活躍。

ルーキーとしては史上5人目となる二桁得点の成績を残すなど、素晴らしい年を過ごしたのでした。

YASU
YASU

Jリーグベストイレブンに選ばれました!

悔しさの残る東京オリンピック

2021年7月の暑い時期に、東京ではやっとの思いで2020年オリンピックが開催。

コロナの影響により1年遅れての開催だったこの大会に、三笘も選出され背番号11を背負って出場しました。

久保建英、堂安律など個性的な強力攻撃陣を擁した日本代表は、多くの注目を集めていました。

しかし、三笘は直前に負ってしまった怪我が原因で満足に試合に出れず、持ち味を発揮できていませんでした。

3位決定戦のメキシコ戦では得点を奪うものの、試合には敗れメダルを逃す結果に。

三笘自身もインタビューに「充実感もなく、課題が多い」と悔しさを語りました。

自身の力を高める為、三笘は世界最高峰の舞台へと羽ばたくことを決意しました。

YASU
YASU

三笘を出さない森保監督の采配に疑問も残りましたが...

世界への挑戦

プレミアリーグの下位チームだったブライトンから三笘の元にオファーが舞い込みます。

ステップアップの為、三笘は推定で300万ユーロ、日本円で約3億9,000万と、Jリーグからの移籍金では過去最高額でイングランドへと渡りました。

しかし、イギリスでは外国人の労働許可が厳しく設定されており、日本のA代表に招集経験のない三笘にも許可が下りませんでした。

ブライトンは三笘の武者修行として、ベルギーリーグのユニオンSGヘとレンタル移籍させることに。

日本での注目度はあまり高いものではありませんでしたが、三笘はこのベルギーリーグで着実に力を付けていました。

伊東純也が所属したヘンク戦、途中出場でデビューを飾り、その後のベルギーカップ5回戦のレブベーケ戦で、初ゴールを記録しました。

そんな三笘が世界中から注目を浴びたのは、ベルギーリーグ第11節のセラン戦でした。

2点ビハインドかつ味方の退場で1人少ない状況の中、後半から出場した三笘。諦めムードも漂う雰囲気を覆すハットトリックという驚愕プレーをやってのけるのです。

1点目は空いたスペースでボールを受け、落ち着いたゴールに右隅に流し込むコントロールシュート。

2点目は相手DFの背後を狙って裏抜けからのゴール。そして、3点目は左サイドから逆サイドまでドリブルで持ち込んでからのゴール。

三笘の全てが詰まったようなこの3連続得点でチームの大逆転劇の立役者となりました。

その後は、爆発的ではないものの、シーズンを通して高いポテンシャルを示し、確かな存在感でチームに貢献。

シーズン序盤の出番が少なかったこともあり、二桁ゴールには到達しなかったものの、自身の実力を証明し、日本のA代表に選出されるようになっていきました。

YASU
YASU

ベルギーでは、公式戦27試合7ゴール3アシストでしたね!

日本代表で見せる輝き

A代表に初招集を受けた三笘は、2021年11月17日のオマーン戦で途中出場。

81分に、中山雄太のパスから突破を仕掛け、伊東純也の決勝点をアシストする活躍を見せました。

しっかりと結果を残したデビュー戦の4ヶ月後の3月24日、2022年カタールW杯のアジア最終予選にも招集されました。

相手のオーストラリア相手に中々得点の奪えない時間が続いた日本は、後半39分に三笘を投入。

そして、終了まで間もないこの時間から三笘は初ゴールを含む2得点を決め、日本に勝利をもたらしたのです。

一躍ヒーローとなった三笘は日本代表に定着。そして、少年時代に抱いた夢を叶える瞬間がやってきました。

YASU
YASU

この時はジョーカー的な扱いでしたよね!

完璧なブライトン復帰

ベルギーと日本代表で活躍していた三笘は満を持してプレミアリーグへ帰還し、ブライトンの一員として22/23シーズンに挑むことに。

ところが、当時のブライトンの左サイドには、エースとしてトロサールが君臨しており、あくまで三笘は彼のバックアッパーとしての存在でした。

それでも、出場した試合では短い時間ながら、得意のドリブルやスピードを武器に徐々に実力を示していきました。

プレミアリーグ初ゴールは11月のウルブス戦。ララーナのクロスに頭で合わせ、見事にゴールに突き刺しました。

このゴールで三笘は何かを掴んだのか、出場すれば目に見える結果を残すような存在へと変貌していきます。

12月31日のアーセナル戦では、月間最優秀ゴールとなる得点を奪うなど、輝きを増していきました。

冬の移籍市場で、ライバルのトロサールがアーセナルへ移籍すると、三笘は先発に定着。

1月14日のリヴァプール戦では相手右サイドバックのA.アーノルドを何度も抜き去り、チームの3-0の勝利に貢献しました。

さらに、レスター・シティ戦では、中に切り込み放ったミドルシュートが突き刺さり、マン・オブ・ザマッチに選出されるなど、実力を証明していきました。

得点を重ね続けた三笘ですが、昨季のベストゴールは1月29日のリヴァプール戦での空中フェイントからのボレーシュートでしょう。

試合終了間際のこのゴールは、世界中を驚かせるゴールとなり、FAカップのハイライトに残るほどでした。

三笘はこのシーズン得点とアシストを量産し、公式戦41試合10ゴール7アシストを記録。

香川真司と岡崎慎司が持つ日本人選手のプレミアリーグ最多得点記録を更新しました。

チームはなんと、FAカップベスト4、昨季まで中位以下で燻っていたプレミアリーグでは6位フィニッシュでチーム初のEL出場権を獲得。

三笘はメディアから絶賛を受け、快進撃を見せたチームの象徴とまで称えられるなど、完璧なシーズンを過ごしたのでした。

このプレミアリーグの活躍だけでも驚きですが、三笘はこのシーズン中に開催された大会でも、世界を驚かせていたのです。

YASU
YASU

まるでキャプテン翼とメディアは報じていましたね!

夢を叶えたカタールW杯

2022年11月。全サッカー選手たちにとって夢の大会であるW杯がカタールで開催。

三笘は2002年から持ち続けた夢を実現したのでした。

途中出場がほとんどでしたが、それでも日の丸を背負い、三笘はW杯の舞台で躍動していました。

そんな中、日本はグループステージ1勝1敗の状況で、決勝トーナメントの切符をかけたスペイン戦に臨むことに。

先制を許した日本ですが、堂安のスーパーゴールで同点に戻した3分後、三笘が魅せました。

右サイドの堂安からのクロスが流れたところを三笘がラインギリギリで折り返し、田中碧のゴールをアシスト。

しかし、この三笘の折り返しは、ラインを割っていたとスペイン代表は猛抗議。

ところが、肉眼ではラインを割ったように見えるボールですが、なんとVARではボールが1ミリだけライン上に乗っていると判定、田中のゴールが認められたのでした。

このプレーは”三笘の1ミリ”として世界中で話題となり、驚きと戸惑いの声が続出しました。

そんな日本代表と三笘は、劇的な勝利で決勝トーナメントに進出。

前回大会準優勝国のクロアチアとベスト8をかけた試合に臨むことになりました。

三笘は後半から出場し、いくつかのチャンスをクリエイトしますが、結果的にこの試合は1−1の同点のまま延長戦、そしてPK戦へともつれ込みました。

日本は1人目の南野が失敗に終わり、決めるしかない状況で、2人目には三笘が蹴ることに。

しかし、無情にも三笘の蹴ったボールは、リヴァコヴィッチにストップされ、連続で失敗に終わってしまいます。

その後、4人目の吉田も止められ、日本の敗退が決定。三笘の初W杯は悔しさが残る形で終焉を迎えました。

YASU
YASU

三笘のPKはリヴァコヴィッチを褒めるべきでしたね…

重要となる23/24シーズン

三笘にとって歓喜に湧き、そして挫折を経験した22/23シーズンでしたね。

今季EL初出場となるブライトンは、中心選手であった、マック・アリスターが退団するなど、戦力的に不安という声も少なくありませんが、ダフードやジョアン・ペドロなど、新戦力も獲得しています。

三笘もデータのなかった昨季とは違い、各チームに対策を講じられる23/24シーズンは極めて困難な1年となるでしょう。

しかし、そんな前評判をもろともせず、三笘はこれまで何度も世界を驚かせてくれました。

今季も想像を遥かに超えるような、ワクワクさせるプレーを私たちに見せてくれるでしょう。

日本が誇るスピードスター、三笘薫の活躍に期待しましょう!

YASU
YASU

CLでの姿も見たい!!

三笘の試合にベットできる!!

三笘薫の活躍を視聴する方法

三笘薫は23/24シーズンもプレミアリーグのブライトンに所属しています。

ブライトンは大躍進の結果、リーグ戦を6位でフニッシュ。クラブ初のEL出場権を確保しました。

チームの顔となった三笘の存在があったからこそですね!

そんな、三笘薫とブライトンの試合を視聴できるサービスはコンペティションによって異なりますので、それぞれご紹介します。

YASU
YASU

三笘の試合は見逃せませんね!

ブライトンが参加するコンペティション

23/24シーズンのブライトンは下記の4つのコンペティションに参加しています。

それぞれ視聴できるサービスを下記の表にまとめましたので、ご覧ください。

ブライトンの参加コンペティション

  • プレミアリーグ
  • FAカップ
  • カラバオカップ
  • ヨーロッパリーグ

コンペティション毎の配信サービスと価格

各コンペティション
プレミアリーグ全試合視聴可能全試合視聴可能
SPOTVNOWパック
視聴不可114試合視聴可能視聴不可
FAカップ一部の試合視聴可能視聴不可全試合視聴可能視聴不可視聴不可
カラバオカップ視聴不可視聴不可全試合視聴可能視聴不可視聴不可
ヨーロッパリーグ視聴不可視聴不可視聴不可視聴不可全試合視聴可能
価格(月額)2,000円
※詳細はこちら
2,989円
詳細はこちら
3,700円
詳細はこちら
960円
※詳細はこちら
2,530円
詳細はこちら
無料トライアルなし31日間無料なし2週間無料なし
見逃し配信ありありありありあり
複数端末の同時視聴不可能4台まで2台まで2台まで不可能
リンク登録はこちら登録はこちら登録はこちら登録はこちら登録はこちら

23/24シーズンのブライトンはイングランド国内のコンペティションとELの合計4つのコンペティションに挑むことになります。

ブライトンの試合を全て視聴するには、SPOTV NOW・DAZN・WOWOWの登録が必要となります。

上記のサービスを全て契約すると、毎月8,230円もの料金が発生するので、自分が見たいコンペティションを選んでサービスを契約するのが良いでしょう。

それぞれのコンペティションでおすすめの視聴方法をご紹介します。

YASU
YASU

自分が見たい試合を厳選して、なるべくお得に視聴しましょう!

プレミアリーグの視聴方法

23/24シーズンのプレミアリーグを全試合配信するサービスはSPOTV NOWになります。

ABEMAでも配信はしますが、厳選された114試合のみとなりますので、プレミアリーグを見るなら圧倒的にSPOTV NOWがおすすめです。

さらに、C.ロナウドベンゼマといったスター選手達を次々に獲得しているサウジプロフェッショナルリーグの一部試合も配信しています。

SPOTV NOWの詳細はこちらの記事で詳しく解説しているので、併せてご覧ください。

プレミアリーグ全試合ライブ配信

YASU
YASU

セリエAやスコットランドリーグの一部試合も視聴できます!

プレミアリーグだけ視聴したい方は、SPOTV NOWのみの登録がおすすめですが、U-NEXTの『SPOTV NOWパック』に登録すれば、ラ・リーガを含めたスペインの全コンペティションも全て視聴可能です。

U-NEXTのSPOTV NOWパックとは

実質2,989円でU-NEXT+SPOTV NOWを視聴可能なお得に利用できるプランです。

U-NEXT登録初月の無料トライアル期間は、付与されるポイントが600円となり、U-NEXTは無料ですが、SPOTV NOWは、2,000円から600円を引いた1,400円の支払いが必要です。

U-NEXTの詳細はこちらの記事で解説していますので、ご興味のある方はチェックしてくださいね。

31日間の無料トライアルキャンペーン

YASU
YASU

SPOTV NOWパックはかなりおすすめです!

本ページの情報は2024年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXT公式サイトにてご確認ください。

FAカップ|カラバオカップの視聴方法

23/24シーズンのFAカップカラバオカップを視聴するのに1番のおすすめはDAZNです。

先程ご紹介したSPOTV NOWでもFAカップの一部試合は視聴できますが、DAZNでは1回戦から視聴可能ですので、FAカップを視聴したい方はDAZNに登録しておきましょう。

カラバオカップはDAZNの独占配信ですので、視聴する場合はDAZNへの登録が必須となります。

ですが、カップ戦は試合数が多くはないので、開催している期間、もしくはどうしても見たい試合がある場合だけDAZNに登録するのも1つの方法です。

DAZNはイングランドのカップ戦以外にも、セリエAやラ・リーガなどコンテンツが豊富で、サッカーが好きな方にはおすすめできるサービスです。

DAZNは月額3,700円(税込)で全コンテンツ見放題となりますが、お得なプランもありますので、気になる方はこちらの記事から詳細をご確認ください。

豊富なサッカーコンテンツを配信

YASU
YASU

DAZNに登録していれば多くの試合を網羅できます!

ヨーロッパリーグの視聴方法

23/24シーズンのELはWOWOWの独占配信が決まっています。

CLやECLもWOWOWに登録すれば、グループステージから決勝までの全試合を視聴可能です。

WOWOWはスポーツ以外にも、多くのジャンルのコンテンツを豊富に揃えているので、サッカー以外でもお楽しみいただけるでしょう。

サッカーしか見ないという方は、ELの開催期間中だけか、見たいラウンドからWOWOWと契約する方法もおすすめです。

WOWOWは月額2,530円(税込)で全てのコンテンツが見放題です。

WOWOWについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

チャンピオンズリーグ独占配信

他のリーグの視聴方法や、海外サッカーをお得に視聴する方法については下記の記事で詳しく解説していますので、確認してみてくださいね。

【23/24シーズン】欧州サッカー視聴方法まとめ|リーグ毎のおすすめの視聴サービス
【23/24シーズン】欧州サッカー視聴方法まとめ|リーグ毎のおすすめの視聴サービス

続きを見る

YASU
YASU

ちなみに私は全てのサービスを契約しています(笑)

三笘薫の試合に賭ける方法

ここまで、三笘薫の半生と彼の活躍を視聴する方法をご紹介してきました。

あなたはそんな三笘薫の試合にお金をかけられる”ブックメーカー”というサービスをご存知でしょうか?

海外ではスポーツを対象とするギャンブルが盛んで、非常に人気です。

ブックメーカーとは

サッカーなどのスポーツを対象とした海外で人気のギャンブル。試合の勝敗予想だけでなく、スコアやコーナーキックの数など様々な予想項目にお金を賭けることが可能。

ブックメーカーはオンラインでプレイ可能です。

好きなサッカーの予想をして、お金を稼げるのは嬉しいという方も多いはずですが、ブックメーカーはギャンブルということは必ず理解しておきましょう。

ブックメーカーで継続的に利益を上げるには、押さえるべき点がたくさんありますが、大前提として使用するサイトが非常に重要になります。

サービスを提供するサイトは数多く存在しますが、今回は私がこれまでに実際に使用してきたサイトの中から、サッカーの試合に賭ける際におすすめのブックメーカーサイトを2つご紹介しておきますね。

Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)

はじめにご紹介するのがスポーツベットアイオーというサイト。

スポーツベットアイオーはニューカッスルのスポンサーを努めるなど、数あるブックメーカーの中でも特にサッカーへ力を入れているサイトです。

スポーツベットアイオーをおすすめする理由

  • 最短30秒で登録でき、すぐにプレイすることができる
  • サッカーに力を入れており、キャンペーンや独自機能が豊富
  • サポートが手厚く、24時間365日、日本語で問い合わせ可能

スポーツベットアイオーの特徴は、登録が簡単で日本円を入金してすぐにプレイすることができる点もそうですが、オリジナルのキャンペーンや独自機能も豊富な点があげられます。

また、サイトも完全に日本語対応しており、分からないことがあれば24時間365日、チャットで簡単に問い合わせができる点も魅力的です。

これからブックメーカーをはじめるという方には1番おすすめのブックメーカーサイトです。

スポーツベットアイオーの登録方法はこちらの記事で詳しく解説していますので、興味のある方は是非一読してみてくださいね。

簡単登録ですぐにプレイ可能

YASU
YASU

ブックメーカーをこれから始めるならスポーツベットアイオー1択です!

bet365(ベットサンロクゴ)

次にご紹介するのはブックメーカーの老舗で世界でトップクラスの人気を誇るbet365です。

bet365は2001年からブックメーカーを提供している、歴史のある業界最大手の企業です。全世界のユーザーが6,300万人を超えており、その人気の高さが伺えます。

そんなbet365ですが、私も愛用させて頂いており、実際に使用してみて感じた優れている点は大きく3つあります。

bet365をおすすめする理由

  • とにかくサイトの動作が軽い
  • ベットできる項目が他のサイトに比べて多い
  • 試合によってはbet365で視聴することが可能

bet365を使用していて1番嬉しい点がとにかくサイトの動作が軽いことです。

他のサイトでは時間帯によってはアクセスが集中しているのか、サイトが重くなることがありますが、bet365ではほとんどそういったことはありません。

また1つの試合で賭けられる項目が業界トップクラスに多く、全ての試合が対象ではありませんが、一部の試合に関してはbet365で視聴することができるのも魅力の1つでしょう。

ただbet365はサイトでプレイをする前に、個人情報書類の提出が必要ですので、気軽にはじめたい方にはおすすめできません。

ブックメーカーに慣れている方におすすめしたいサイトですので、まだ登録していない方はこの機会に登録しておきましょう。

bet365の登録方法はこちらの記事で詳しく解説していますので、興味のある方は是非一読してみてくださいね。

今なら入金ボーナスが最大1万円もらえる

YASU
YASU

bet365は中級者以上の人向けですが、慣れればとっても使いやすい!

ブックメーカーはギャンブルですので、正しい知識を持ってプレイする必要があります。これからブックメーカーを始める方はまずこちらの記事をご覧ください

三笘 薫|まとめ

以上、今回はブライトン所属の日本代表、三笘薫をご紹介しました。

突如として現れた日本を背負う侍。そんな彼は、過去から現在まで慢心することなく、着実に進化を遂げてきました。

そして、今や世界を驚かせるワールドクラスの選手へと成長。期待したいのはプレミアリーグでの得点王と、2026年W杯での爆発ですね!

そんな日本の弾丸・三笘薫は今期どのような活躍を魅せてくれるのでしょうか?

今後も彼の活躍から目が離せませんね!

紹介してほしい選手や監督、クラブなどがありましたらお気軽にリクエスト下さいね!

記事更新の情報はX(旧Twitter)にて、更新していますのでフォローお願いします。

YASU
YASU

最後までご覧頂きありがとうございました!

CHECK
欧州サッカー5大リーグ・欧州カップ戦 完全ガイド【23/24シーズン】
欧州サッカー5大リーグ・欧州カップ戦 完全ガイド【23/24シーズン】

続きを見る

当サイトでは海外サッカーの欧州5大リーグを中心に、最新ニュースやスター選手のこれまでの生い立ちやエピソードなどをご紹介しています。

その他にも、ブックメーカーの攻略法試合予想など、今よりもサッカーを楽しむをテーマに記事を更新しています。興味のある方は併せてチェックしてみてくださいね。

ブックメーカーに関する情報は海外居住の日本人に向けて発信しています。

  • この記事を書いた人

YASU

サッカー選手の生い立ちやエピソードをメインに記事を執筆しています。推しのチームはリヴァプールとドルトムント。好きな選手はトニ・クロースで好きな監督はクロップ。夢はアンフィールドでYNWAを聞くことです!

-チーム・リーグ・選手紹介, 欧州5大リーグ
-, , ,