チーム・リーグ・選手紹介 欧州5大リーグ

久保 建英|厳しい環境をはねのけてきた日本の至宝【レアル・ソシエダ|日本代表】

こちらの記事には、一部プロモーションが含まれています。

みなさんこんにちは、YASUです。

今回は、スペインのラ・リーガのレアル・ソシエダに所属し、若くして日本代表で活躍している久保建英選手についてご紹介します。

この記事で分かること

  • 久保建英の基本情報
  • 久保建英の生い立ちとエピソード
  • レアル・ソシエダの試合を視聴する方法
  • レアル・ソシエダの試合にベットする方法

久保の試合にベットできる!!

久保建英のプロフィール

久保建英の試合に賭ける方法
生年月日2001年6月4日(22歳)
国籍日本
出身神奈川県川崎市
所属リーグラ・リーガ
所属チームレアル・ソシエダ
ポジションMF
背番号14番
利き足左足
推定年俸約2億9,000万円
久保建英の基本情報
シーズン所属クラブ
2017-2018FC東京
2018-2019横浜・F・マリノス(レンタル)
2019FC東京(復帰)
2019レアル・マドリードB
2019-2020RCDマジョルカ(レンタル)
2020ビジャレアルCF(レンタル)
2020-2021ヘタフェCF(レンタル)
2021-2022RCDマジョルカ(レンタル)
2022-レアル・ソシエダ
久保建英のクラブ遷移
YASU
YASU

今回は日本の至宝をご紹介します!

本記事ではチャンピオンズリーグ=CL ヨーロッパリーグ=EL ワールドカップ=W杯と記載

久保建英の生い立ちとエピソード

久保の生い立ち

久保のプレースタイルの特徴は、なんといってもハイレベルなドリブルスキルです。

ドリブルはステップが細かく、相手との距離感と仕掛けるタイミングが絶妙です。

強豪クラブのDFをドリブルで翻弄し、何度も得点チャンスを生み出してきました。

またサッカーIQも非常に高く、自分が今どこにポジションを取るべきなのかを瞬時に判断する能力に長けており、プレッシングやコーチングも高いレベルでこなします。

久保の苦悩

しかし、少年時代から天才と言われた彼ですが、これまでにたくさんの苦難を味わっています。

ここからは、そんな久保がいかにして多くの逆境を乗り越え、スペインの強豪チームでスタメンを勝ち取ったのかをご紹介します。

YASU
YASU

苦難に立ち向かう天才の物語をお楽しみください!

原石と称された少年時代

久保の子供時代

2001年6月4日、神奈川県川崎市で久保建英は生まれました。

父の影響で3歳でサッカーを始め、6歳にはバルセロナの選手になるという夢を持ちます。

そんな中、久保は2007年から日本で開催されていたFCバルセロナキャンプの「MVP選手はバルセロナと試合できるチャンスがある」という広告を見つけ、2009年に参加を決意。

久保は当時8歳でありながらも才能を発揮し、見事にMVPを獲得したのです。

2010年にはベルギーで行われた大会にバルセロナスクール選抜として参加し、ここでも大会MVPに選ばれる活躍。

その大会で自信を付けた久保は、2011年にバルセロナの下部組織に入団するテストを受け、見事合格。

下部組織ながらも、バルセロナの選手になる夢をわずか9歳で達成したのです。

バルセロナのカンテラは国内外から才能の原石を獲得し育成することで有名です。

しかし、基本的に国外から選手を獲得するのは13歳以上からなので、当時9歳で入団テストに合格した久保がいかに凄いかわかります。

久保 得点王

当時の久保は川崎フロンターレの下部組織に所属していましたが、バルセロナの下部組織でプレーする為にスペインへと移住。

小学生の段階でスペインへとプレーの場を移した彼は異郷の地で圧倒的な結果を残します。

アレピンCという10歳~11歳の選手で構成されるチームでプレーした久保は、30試合で74ゴール。MVPと得点王を獲得したのです。

久保は才能の原石が集まるバルセロナの下部組織の中でもひときわ目立つ存在でした。

しかし、13歳~14歳で構成のインファンテイルAと呼ばれる下部組織に所属していたころ、思わぬ事態が久保の夢を阻むことに。

YASU
YASU

当時のチームメイトにはエリック・ガルシアやアンス・ファティも!

不本意の帰国

FIFAの制裁

バルセロナがFIFAから18歳未満の外国人選手獲得・登録違反による制裁措置を受け、当時18歳未満だった久保は公式戦に出られなくなってしまったのです。

18歳までの数年間プレーできない久保は、プレー機会を求めて2015年3月にFC東京の下部組織に入団しました。

後に久保は、スペインの地元ラジオで「未だに意味が分からないし、この措置をしたことで何かできるわけでもないのに」とこの規定に苦言を呈していました。

飛び級

当時15歳だった久保は、FC東京の18歳以下のカテゴリーへ飛び級で昇格。

スペインで鍛えた久保の力は18歳以下のカテゴリーでは突出しており、日本クラブユースサッカー選手権で史上初となる中学生での大会得点王に輝きました。

YASU
YASU

15歳ながら、U18の試合では明らかに飛び抜けた存在でした!

待望のプロデビュー

プロデビュー

そして、2016年に久保はAC長野パルセイロ戦でプロデビューを果たし、Jリーグ史上最年少出場記録を更新。

翌年の2017年11月にはFC東京と正式にプロ契約を結び、J1リーグ戦では歴代3位となる16歳5ヶ月22日での出場を果たしたのです。

幼少期から注目を集めていた久保は、周囲から「久保くん」と呼ばれていました。

ですが、プロ入り後には「これからは久保くんじゃなくて、久保建英でお願いします」とマスコミに対して呼び方の変更を要望。

このエピソードからも彼のプロ意識の高さが垣間見れます。

ロシア遠征

しかし、いくら久保といえどもJ1の世界ではそう簡単に結果は残せず、徐々に出場機会を失っていきました。

そんな中、久保はU-19日本代表に選出されると、A代表のチームに帯同してロシアへ遠征。

ロシアW杯の試合を生で観戦して世界トップクラスのプレーを見た久保は、現在置かれている状況に危機感を覚えます。

そこで久保が決断したのが、他のJ1チームへの移籍でした。

マリノス移籍

FC東京はJ2のチームへ期限付き移籍を進めていたのですが、久保はこれを拒否し、横浜F・マリノスへと活躍の場を移しました。

マリノスへ移籍した久保は、移籍後すぐに天皇杯の試合でアシストを記録。

さらに、次の試合で行われたJ1でのヴィッセル神戸戦ではJ1初ゴールを記録しました。

マリノスで結果を残した久保は、所属元であるFC東京へ復帰します。

復帰後はチームの主力として活躍し、アシストや得点を演出するなどして、チームの攻撃の中心選手にまで成長しました。

YASU
YASU

進化のスピードがとんでもないですね!

スペインへ再挑戦

レアル移籍

FC東京で結果を出し始めた久保ですが、2019年6月、バルセロナのライバルクラブであるレアル・マドリードへの移籍が実現。

レアル・マドリードへの移籍金は200万ユーロで、日本円にして約2億4,000万円。年俸100万ユーロでの5年契約となりました。

バイエルンの久保

世界トップクラスの選手が集まるレアル・マドリードではBチームでのプレーが濃厚でしたが、プレシーズンマッチでトップチームでのデビューを果たします。

しかもプレシーズンマッチと言え、相手はドイツの強豪バイエルン・ミュンヘン。

それでも久保は相手DFを翻弄してチャンスを作り、ポテンシャルの高さをアピールしました。

1年目はBチームでプレーし、2年目はトップチームへの昇格が見込まれていた久保ですが、レアル側はもっと高いレベルで経験を積ませることを求めました。

YASU
YASU

同時期に加入したロドリゴと共に圧巻のパフォーマンスでした!

ラ・リーガデビュー

マジョルカ移籍

そして、2019年8月、この年1部に昇格したばかりのマジョルカへのレンタル移籍が発表されました。

移籍した久保は第3節から途中出場でラ・リーガデビューを果たすと、持ち味のドリブルを活かしてチャンスを演出。

特にレンタル元のレアル・マドリード戦では、クロースセルヒオ・ラモスをドリブルで抜き去り、大きなインパクトを残しました。

チームは最終的に1年で降格してしまいますが、久保は35試合4ゴール4アシストを記録。

UEFAが選ぶ世界の将来有望な選手のメンバーであるブレイクイレブンに選出され、海外でも高い評価を得たのです。

ビジャレアル移籍

そして、20/21シーズンには、更にレベルの高い環境を求めてビジャレアルへとレンタル移籍。

移籍の背景には、トップリーグかつELの出場を希望する久保とビジャレアルのウナイ・エメリ監督が獲得を熱望したことがありました。

しかし、移籍したビジャレアルでは中々先発で出場できない事態に。

ELでは先発の機会がありましたが、リーグ戦では途中出場の状態が続き、ビジャレアルのファンやレンタル元のレアル・マドリードもこの状況には納得がいきませんでした。

移籍の噂が立つようになってからは、久保はベンチメンバーにすら入れない状況に。

ヘタフェ移籍

厳しい状況に立たされた久保は出場機会を求め、2021年1月8日、ビジャレアルとの契約を破棄してヘタフェCFへ期限付き移籍することに。

移籍が決まった3日後にはリーグ戦で途中出場を果たすと、いきなり2得点に絡む活躍でチームの逆転勝利に貢献しました。

ところが、その後は思うような結果が出せず、途中出場が続くことになってしまいます。

8試合1ゴール1アシストでシーズンを終えると、2021年8月には再び1部に昇格したマジョルカにレンタル移籍することが決定しました。

YASU
YASU

ビジャレアル時代は慣れない左サイドでの起用も多かったです!

悔しさの残る東京五輪

東京五輪

この年には日本代表として東京オリンピックのメンバーに選ばれると、予選リーグで3試合連続ゴールをするなど大車輪の活躍。

今後、日本代表を背負うであろう、久保や堂安、さらには当時川崎フロンターレに所属していた三笘など、金メダル獲得に期待が持てるメンバーでした。

泣き崩れる久保

しかし、決勝トーナメントの準決勝でスペインに惜敗し、3位決定戦ではメキシコに敗れ、泣き崩れる姿を見せました。

クラブに戻り、オリンピックの悔しさを晴らしたいところでしたが、リーグ戦では28試合に出場するも1ゴールのみ。

期待に応えるような活躍もできず、ポジションを確立できない状況が続きました。

その後、久保はレンタル元であるレアル・マドリードへの復帰を目指していましたが、EU圏外選手枠に空きがなかった為、その願いは叶いませんでした。

YASU
YASU

東京五輪での久保の涙にはグッとくるものがありました。

レアル・ソシエダへの移籍

そこにオファーを出したのが、以前から久保獲得に興味を持っていたレアル・ソシエダでした。

レアルは久保を手放したくない為、レンタルでの移籍を主張しましたが、結果的には完全移籍でのチーム加入が決定したのです。

2022年8月に開幕戦に先発出場を果たした久保は、移籍後初ゴールを決める活躍。

ソシエダ移籍

さらに、ELのマンチェスター・ユナイテッド戦でも勝利に貢献する働きを見せました。

チームで出場機会が恵まれない逆境を何度も乗り越え、21歳の時点でリーガ通算100試合に出場し、日本人史上初のリーガ3クラブでの得点を達成しました。

YASU
YASU

まだ22歳なのが恐ろしい!

2022年カタールW杯

カタールW杯

そして、皆さんの記憶に新しいのが昨年開催されたカタールW杯ですよね。

久保は2019年6月9日のエルサルバドル戦にてA代表に初招集され、この日以降はコンスタントに召集されるようになります。

完全なレギュラーではないものの、代表の場でも存在感を見せるようになっていきます。

エルサルバドル戦

初召集からちょうど3年経過した2022年6月10日のガーナ戦でA代表初得点を記録します。

久保はこの日のインタビューで「長かった、このまま一生入らないんじゃないかと思った」と語っている様に幼少期から注目され、メディアや日本サポーターからの期待が大きい分、焦りや重圧を感じていたと分かる内容でした。

しかし、当時21歳ながらそのプレッシャーを跳ね除け結果を出す久保はさすがですね。

そして、久保は全世界のサッカー選手が出場を目指すW杯へと挑戦します。

ロシア自分の現状に危機感を募らせた少年は、2022年カタールW杯の初陣、ドイツ戦で先発メンバーとしてピッチに立ちます。

ドイツ戦

日本がグループ予選で戦う相手は優勝候補のドイツ、スペイン、過酷な北中米予選を勝ち抜いたコスタリカといった、強豪揃いの死のグループ。

初戦のドイツ戦は圧倒的に試合をコントロールされる展開になります。

久保も前線からの守備に追われ、システム変更に伴いハーフタイムで冨安健洋と交代。

この後、皆さんご存じの通り、浅野の決勝ゴールで日本は見事ジャイアントキリングを起こします。

第2戦目のコスタリカ戦では短期決戦のターンオーバーでベンチからのスタートとなり、試合は日本代表がまさかの敗戦という結果に終わってしまいます。

そして、グループリーグ最終戦となるスペイン戦の日がやってきます。

久保はこれまでにスペインとの関わりが強く、この一戦に強い思いがあると試合前のインタビューでも語っていました。

日本代表もこの試合に勝つことが自力で決勝トーナメントに上がる条件であった為、国民の注目度も非常に高い試合でした。

スペイン戦

久保はこの試合、得意の右サイドで先発出場を果たします。

この試合でもスペインの時間が多く、中々攻める時間がない状況で、久保はわずかな隙を狙ってチャンスを作り、輝きを放ちます。

しかし、日本代表は前半に失点をしてしまい、0-1のまま前半終了。久保はロッカールームに戻るタイミングで森保監督から交代を伝えられます。

久保はこの時の心情を「個人的にはすごく悔しかった。前半は僕が一番いい動きをしていた実感もありましたので」と言っていたように本人もこのW杯で一番手応えを感じていたのかもしれませんね。

ですが、この後に久保はGKの川島選手から「応援するしかないぞ!」と言われ、スッと切り替えてサポートに入ることが出来たとも語っています。

久保交代

チーム最年少で挑んだW杯で久保は経験だけでなく、メンタル面でも成長を遂げます。

試合は日本代表が後半に堂安と田中のゴールで逆転。ドイツ戦に続く大金星で、史上初となる首位での決勝トーナメント進出を決めました。

敗退時

ですが、決勝トーナメント1回戦のクロアチア戦で久保はコンディション不良により無念の欠場。

日本はPK戦の末、ベスト16での敗退が決定、不本意なまま久保の初めてのW杯は終わりを迎えました。

才能を随所に発揮した久保建英は悔しさと、4年後のリベンジを誓い、所属しているレアル・ソシエダに戻りました。

YASU
YASU

2026年のW杯での活躍に期待します!

エースへの道

ゴールパフォーマンス

レアル・ソシエダに戻ってからの試合では格段にシュート数やチャンスメイクが増えるなど、着実に成長を遂げています。

1月14日に行われたアスレティック・ビルバオとのバスクダービーでは、華麗なまた抜きからゴールを決め、会場を沸かせました。

この時、パフォーマンスでユニフォームを脱いだ為、イエローカードをもらってしまい、ネットでは久保はユニフォーム脱ぎがちと話題になるほど熱い部分もあります。

久保ラスト

22/23シーズンが終わり、久保の大活躍もあってレアル・ソシエダは23/24シーズンのCL出場権を見事に獲得しました。

地元ラジオ曲が選ぶチーム最優秀選手に選ばれる活躍を見せます。

さらに、世界的スポーツメディアのThe Athleticは22/23シーズンのラ・リーガベストイレブンに久保を選出するなど、久保自身も大躍進を遂げました。

リーガでの成績も9ゴール6アシストとキャリアハイの成績を記録。ますます23/24シーズンの活躍に期待がかかります。

そんな久保は保有元のレアル・マドリードへの復帰も噂されましたが、自らレアル・ソシエダに居続けることを発表しましたね。

現地メディアからは「真の財産」と評価を得ている久保。50%の保有権を持つレアル・マドリードへの復帰も今後の活躍次第では実現されるかもしれません。

世界最高峰の舞台であるスペインで活躍する日本の若きエースの更なる活躍に期待しましょう!

YASU
YASU

今期は久保にとって初のCL!期待せずにはいられません。

久保の試合にベットできる!!

久保建英の活躍を視聴する方法

久保の活躍を視聴する方法

久保は現在も、スペインのレアル・ソシエダに所属しています。

シーズンを通して好調を維持し続けたレアル・ソシエダはラ・リーガでは4位という成績で終了し、23/24シーズンのCL出場権を見事に獲得。

公式戦44試合9得点6アシストと、久保がその中心だったことは間違いありません。

ワールドクラスの選手達が集うCLはこれまで以上に熾烈な戦いが待っていますが、日本の至宝である久保は、欧州最大の大会でも間違いなく輝きを放ってくれることでしょう。

そんな久保とレアル・ソシエダの試合を視聴できるサービスはコンペティションによって異なりますので、それぞれご紹介します。

YASU
YASU

欧州最高峰の舞台で活躍する久保の姿は見逃せません!

レアル・ソシエダが参加するコンペティション

23/24シーズンのレアル・ソシエダは3つのコンペティションに参加する予定です。

それぞれ視聴できるサービスを下記の表にまとめました。

レアル・ソシエダの参加コンペティション

  • ラ・リーガ
  • コパ・デル・レイ
  • チャンピオンズリーグ

コンペティション毎の配信サービスと価格

各コンペティション
ラ・リーガ全試合視聴可能全試合視聴可能視聴不可
コパ・デル・レイ視聴可能視聴不可視聴不可
チャンピオンズリーグ視聴不可視聴不可全試合視聴可能
価格(月額)2,189円
詳細はこちら
3,700円
詳細はこちら
2,530円
詳細はこちら
無料トライアル31日間無料なしなし
見逃し配信ありありあり
複数端末の同時視聴4台まで2台まで不可能
リンク登録はこちら登録はこちら登録はこちら

23/24シーズンのレアル・ソシエダはスペイン国内のコンペティションに加えて、CLの合計3つのコンペティションに挑みます。

レアル・ソシエダの試合を全て視聴するには、U-NEXT・WOWOWの登録が必要となります。

上記のサービスを全て契約すると、毎月4,713円もの料金が発生するので、自分が見たいコンペティションを選んでサービスを契約するのが良いでしょう。

それぞれのコンペティションでおすすめの視聴方法をご紹介します。

YASU
YASU

自分が見たい試合を厳選して、なるべくお得に視聴しましょう!

ラ・リーガ|コパ・デル・レイの視聴方法

23/24シーズンの『ラ・リーガ』『コパ・デル・レイ』を全試合配信するサービスは、U-NEXTになります。

ラ・リーガに関しては、DAZNでも全試合配信してますが、U-NEXTはラ・リーガを含むスペイン国内のコンペティションを全て配信するので、圧倒的にU-NEXTがおすすめです。

さらに、U-NEXTのSPOTV NOWパックというプランに登録すれば、プレミアリーグも全試合視聴することができます。

C.ロナウドベンゼマといったスター選手達を次々に獲得しているサウジプロフェッショナルリーグの一部試合を配信することも決定しました。

U-NEXTのSPOTV NOWパックとは

実質2,989円でU-NEXT+SPOTV NOWを視聴可能なお得に利用できるプランです。

U-NEXT登録初月の無料トライアル期間は、付与されるポイントが600円となり、U-NEXTは無料ですが、SPOTV NOWは、2,000円から600円を引いた1,400円の支払いが必要です。

U-NEXTの詳細はこちらの記事で詳しく解説しているので、併せてご覧ください。

31日間の無料トライアルキャンペーン

YASU
YASU

SPOTV NOWパックはかなりおすすめです!

本ページの情報は2024年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXT公式サイトにてご確認ください。

チャンピオンズリーグの視聴方法

23/24シーズンのCLはWOWOWの独占配信が決まっています。

ELやECLもWOWOWに登録すれば、グループステージから決勝までの全試合を視聴可能になります。

WOWOWはスポーツ以外にも、多くのジャンルのコンテンツを豊富に揃えているので、サッカー以外でもお楽しみいただけるでしょう。

サッカーしか見ないという方は、CLの開催期間中だけか、見たいラウンドからWOWOWと契約する方法もおすすめです。

WOWOWは月額2,530円(税込)で全てのコンテンツが見放題です。

WOWOWについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

チャンピオンズリーグ独占配信

他のリーグの視聴方法や、海外サッカーをお得に視聴する方法については下記の記事で詳しく解説していますので、確認してみてくださいね。

【23/24シーズン】欧州サッカー視聴方法まとめ|リーグ毎のおすすめの視聴サービス
【23/24シーズン】欧州サッカー視聴方法まとめ|リーグ毎のおすすめの視聴サービス

続きを見る

YASU
YASU

ちなみに私は全てのサービスを契約しています(笑)

久保建英の試合に賭ける方法

ここまで、久保の半生と彼の活躍を視聴する方法をご紹介してきました。

あなたはそんな久保の試合にお金をかけられるブックメーカー”というサービスをご存知でしょうか?

海外ではスポーツを対象とするギャンブルが盛んで、非常に人気です。

ブックメーカーとは

サッカーなどのスポーツを対象とした海外で人気のギャンブル。試合の勝敗予想だけでなく、スコアやコーナーキックの数など様々な予想項目にお金を賭けることが可能。

ブックメーカーはオンラインでプレイ可能です。

好きなサッカーの予想をして、お金を稼げるのは嬉しいという方も多いはずですが、ブックメーカーはギャンブルということは必ず理解しておきましょう。

ブックメーカーで継続的に利益を上げるには、押さえるべき点がたくさんありますが、大前提として使用するサイトが非常に重要になります。

数多く存在するサイトの中から、サッカーの試合に賭ける際におすすめのブックメーカーサイトを2つご紹介しておきますね。

Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)

はじめにご紹介するのがスポーツベットアイオーというサイト。

スポーツベットアイオーはニューカッスルのスポンサーを努めるなど、数あるブックメーカーの中でも特にサッカーへ力を入れているサイトです。

スポーツベットアイオーをおすすめする理由

  • 最短30秒で登録でき、すぐにプレイすることができる
  • サッカーに力を入れており、キャンペーンや独自機能が豊富
  • サポートが手厚く、24時間365日、日本語で問い合わせ可能

スポーツベットアイオーの特徴は、登録が簡単で日本円を入金してすぐにプレイすることができる点もそうですが、オリジナルのキャンペーンや独自機能も豊富な点があげられます。

また、サイトも完全に日本語対応しており、分からないことがあれば24時間365日、チャットで簡単に問い合わせができる点も魅力的です。

これからブックメーカーをはじめるという方には1番おすすめのブックメーカーサイトです。

スポーツベットアイオーの登録方法はこちらの記事で詳しく解説していますので、興味のある方は是非一読してみてくださいね。

簡単登録ですぐにプレイ可能

YASU
YASU

ブックメーカーをこれから始めるならスポーツベットアイオー1択です!

bet365(ベットサンロクゴ)

次にご紹介するのはブックメーカーの老舗で世界でトップクラスの人気を誇るbet365です。

bet365は2001年からブックメーカーを提供している、歴史のある業界最大手の企業です。全世界のユーザーが6,300万人を超えており、その人気の高さが伺えます。

そんなbet365ですが、私も愛用させて頂いており、実際に使用してみて感じた優れている点は大きく3つあります。

bet365をおすすめする理由

  • とにかくサイトの動作が軽い
  • ベットできる項目が他のサイトに比べて多い
  • 試合によってはbet365で視聴することが可能

bet365を使用していて1番嬉しい点がとにかくサイトの動作が軽いことです。

他のサイトでは時間帯によってはアクセスが集中しているのか、サイトが重くなることがありますが、bet365ではほとんどそういったことはありません。

また1つの試合で賭けられる項目が業界トップクラスに多く、全ての試合が対象ではありませんが、一部の試合に関してはbet365で視聴することができるのも魅力の1つでしょう。

ただbet365はサイトでプレイをする前に、個人情報書類の提出が必要ですので、気軽にはじめたい方にはおすすめできません。

ブックメーカーに慣れている方におすすめしたいサイトですので、まだ登録していない方はこの機会に登録しておきましょう。

bet365の登録方法はこちらの記事で詳しく解説していますので、興味のある方は是非一読してみてくださいね。

今なら入金ボーナスが最大1万円もらえる

ブックメーカーはギャンブルですので、正しい知識を持ってプレイする必要があります。これからブックメーカーを始める方はまずこちらの記事をご覧ください

久保 建英|まとめ

久保まとめ


以上、今回はレアル・ソシエダ所属の久保建英をご紹介させていただきました。

少年時代から期待され、その重圧を感じながらも、逆境を跳ね除けた久保。

今ではソシエダのスター選手にまで成長しました。しかし、久保本人は自分に厳しく、さらなる成長を目指し加速しています。

来シーズンのCLで戦うソシエダと再始動した森保ジャパンを牽引するのは間違いなくこの日本の至宝、久保建英でしょう。

今後も久保の活躍から目が離せませんね!

紹介してほしい選手や監督、クラブなどがありましたらお気軽にリクエスト下さいね!

記事更新の情報はX(旧Twitter)にて、更新していますのでフォローお願いします。

YASU
YASU

最後までご覧頂きありがとうございました!

CHECK
欧州サッカー5大リーグ・欧州カップ戦 完全ガイド【23/24シーズン】
欧州サッカー5大リーグ・欧州カップ戦 完全ガイド【23/24シーズン】

続きを見る

当サイトでは海外サッカーの欧州5大リーグを中心に、最新ニュースやスター選手のこれまでの生い立ちやエピソードなどをご紹介しています。

その他にも、ブックメーカーの攻略法試合予想など、今よりもサッカーを楽しむをテーマに記事を更新しています。興味のある方は併せてチェックしてみてくださいね。

ブックメーカーに関する情報は海外居住の日本人に向けて発信しています。

  • この記事を書いた人

YASU

サッカー選手の生い立ちやエピソードをメインに記事を執筆しています。推しのチームはリヴァプールとドルトムント。好きな選手はトニ・クロースで好きな監督はクロップ。夢はアンフィールドでYNWAを聞くことです!

-チーム・リーグ・選手紹介, 欧州5大リーグ
-, , ,