その他リーグ チーム・リーグ・選手紹介

カリム・ベンゼマ|環境に適応し続けた万能型の奇才【アル・イテハド|元フランス代表】

こちらの記事には、一部プロモーションが含まれています。

みなさんこんにちは、YASUです。

今回はこれまで世界を代表する選手として、大活躍をしてきたフランス代表、カリム・ベンゼマについてご紹介します。

この記事で分かること

  • カリム・ベンゼマの基本情報
  • カリム・ベンゼマの生い立ちとエピソード
  • アル・イテハドの試合を視聴する方法
  • アル・イテハドの試合にベットする方法

ベンゼマの試合にベットできる!!

カリム・ベンゼマのプロフィール

ベンゼマ プロフィール
生年月日1987年12月19日(35歳)
国籍フランス
出身リヨン
所属リーグサウジ・プロフェッショナルリーグ
所属チームアル・イテハド
ポジションFW
背番号9番
利き足右足
推定年俸約300億円(商業契約も含む)
カリム・ベンゼマの基本情報
シーズン所属クラブ
2004-2006オリンピック・リヨンB
2004-2009オリンピック・リヨン
2009-2023レアル・マドリード
2023-アル・イテハド
カリム・ベンゼマのクラブ遷移
YASU
YASU

今回は2022年のバロンドーラーを深掘りします!

本記事ではチャンピオンズリーグ=CL ヨーロッパリーグ=EL ワールドカップ=W杯と記載

カリム・ベンゼマの生い立ちとエピソード

ベンゼマの生い立ち

ベンゼマのプレースタイルの特徴は、身長187cm、体重80kgオーバーという大柄な体格を生かしたパワフルなプレーですよね。

それだけでなく、柔らかな身のこなしとスピードも兼ね備えており、足元の技術も世界トップクラスです。

あらゆる局面から得点が狙えて、チャンスも創出できる万能型のストライカーです。

世界屈指の存在ですが、プライベートでは度重なる交通違反、買春疑惑、恐喝疑惑などを理由にフランス代表から実質的に追放という過去も持ち合わせています。

2022年のバロンドールに輝いたベンゼマですが、レアル・マドリードでの長い栄光の旅を終え、23/24シーズンからはサウジアラビアのアル・イテハドへと活躍の場を移しました。

今後は、サウジアラビアリーグの発展を担う役割として活躍していくでしょう。

そんな、ベンゼマはどのような物語を歩んできたのか。そんな彼のストーリーをご紹介します。

YASU
YASU

記憶にあるだけでも様々な問題がありましたね…

エリートだった少年時代

リヨンの街並み

ベンゼマは1987年12月19日、フランスのリヨンでアルジェリア人の両親の元に生まれました。

幼少期からサッカーを始め、プロをめざすきっかけとなったのは、彼が9歳の時。

当時所属していたSCブロンのメンバーとして、リヨンのジュニアチームと対戦し、ベンゼマはこの試合で2ゴールの活躍を納め、試合にも勝利しました。

この試合でインパクトを残したベンゼマは、この後すぐにリヨンのジュニアチームに引き抜かれることになります。

リヨンに加入して以降も彼の活躍は目覚ましく、U16のときには1シーズンで38ゴールを奪い、U18では14試合で12得点とゴールを量産し、才能を発揮していきました

デビュー

そして、04/05シーズンの1月15日、当時18歳だったベンゼマは、メス戦で後半77分から途中出場でトップデビューを飾ると、いきなりアシストを記録し、チームの勝利に貢献したのです。

プロ初得点を決めたのは、05/06シーズンのアジャクシオ戦。その試合の5日後にトップチームと3年契約を結びます。

将来を期待されたベンゼマは、 CL初出場となったローゼンポリ戦でもCL初得点を決めるなど、順調なサッカーキャリアを進んでいました。

10番変更

06/07シーズンには既にチームの主力に成長を遂げており、フランス代表にも選出される能力を見せ、次の年の07/08シーズンでは背番号を10番に変更。

CLでは7試合4ゴールを奪い、リヨンのベスト16入り。リーグ戦では36試合20得点でリーグ・アン7連覇に貢献しました。

このシーズンに自身初の得点王を獲得し、この瞬間からリーグ・アンを代表する選手となりました。

2008年にはリヨンは惜しくもリーグ8連覇を逃しますが、個人では2桁ゴールを記録し、エースとして輝きを放ってきました。

YASU
YASU

ベンゼマはトップチームのメンバーにいきなり俺が1番になると宣言したそうですw

満を持して銀河系軍団へ

レアル移籍

そんなベンゼマの活躍をビッグクラブが注目しないわけがなく、バルセロナ、レアル・マドリード、マンチェスター・ユナイテッド、インテル、ミランなど、多くのクラブからオファーを受けます。

最終的にレアル・マドリードとマンチェスター・ユナイテッドが争奪戦を繰り広げ、2009年7月1日、レアル・マドリードへの移籍が決定しました。

その当時の移籍金は3500万ユーロ、日本円で約47億8,000万円。

レアルデビュー

ベンゼマは2009年8月29日のデポルティボ・ラ・コルーニャ戦でラ・リーガデビューを果たし、9月20日のシェレス戦で移籍後初得点を決めました。

ここまでは順調にサッカー選手としてのキャリアを積んできたベンゼマでしたが、ここで試練が訪れます。

移籍当初は先発メンバーに名を連ねていましたが、リーグに馴染めない時期もあり、昨シーズンのチーム得点王だったイグアインにスタメンの座を奪われてしまいます。

レアル・マドリードでの1年目のシーズンは27試合9得点とリヨン時代ほどの活躍は残せず、フランス代表メンバーから外され、2010年のアフリカW杯への出場を果たすことができませんでした。

さらに、W杯後の2010年7月には買春容疑で事情聴取されるなど、公私にわたって散々たるシーズンを送ることとなったのです。

YASU
YASU

簡単にスタメンの座を奪えない、流石は銀河系軍団!

ベンゼマに訪れた転機

転機

そんな中、2010年夏の移籍市場が開幕すると、彼に転機が訪れます。

当時チームの象徴であったラウール・ゴンザレスがシャルケへ移籍、空いた背番号7番をC.ロナウドが求めた為、9番が空き番となりました。

9番はベンゼマの憧れであった元ブラジル代表のロナウドがつけていたことから、彼にとっては特別な番号でした。

かつてのロナウドを追いかけるように、ベンゼマは9番を背負うことになったのです。

さらに、ポジション争いをしていたイグアインが怪我でチームを離脱してからは出場機会が増え、チャンスをものにします。

このシーズンでは、リーグ戦で33試合に出場し、15得点を決める活躍を見せたのです。

11/12シーズンのベンゼマ

続く11/12シーズンに、ベンゼマはさらなる進化を遂げます。

シーズン前のトレーニングでは体重を8kg落とし、プレシーズンでも好調を維持したままリーグ戦に臨みます。

その結果、自己最多となる34試合21得点を記録。チームを4年ぶりのリーグ優勝へと導いたのです。

ここから、銀河系軍団の伝説が幕を開けます。

YASU
YASU

得点だけでなく、チャンスメーカーとしても凄かったですよね!

脅威のCL三連覇

BBC

その当時のレアル・マドリードは、C.ロナウド、ベイル、そしてベンゼマの3トップが得点を量産し、3人の頭文字をとって「BBC」と名付けられました。

その後のシーズンでもコンスタントに得点を量産し、レアル・マドリードの10度目となるCL制覇に貢献しました。

3連覇

順調に得点数を伸ばす絶好調のベンゼマ、圧倒的な得点力でチームを牽引するC.ロナウドなどの活躍もあり、レアル・マドリードは15/16、16/17、17/18シーズンとCLでの前人未到の3連覇を達成します。

YASU
YASU

当時のレアルのCLでの無双っぷりは凄かったですね!

騒動による代表活動無期限停止

騒動前のベンゼマ

ここまで、数多くのタイトルを獲得し、クラブの中心選手として活躍していたベンゼマでしたが、フランス代表に召集されることはありませんでした。

その理由として、彼がプライベートで多くの問題を起こしていたことが挙げられます。

彼はそれまでに何度も交通違反や買春容疑がスクープされていました。

さらに、2015年にはフランス代表の同僚であるヴァルブエナ選手を恐喝した容疑でフランス当局に逮捕された過去があったのです。

追放

逮捕後の12月には当時のフランス首相から批判を受け、フランスサッカー連盟から無期限活動停止処分が科されました。

最終的に裁判で恐喝の証拠はないと判決が出たベンゼマですが、フランスのサッカー連盟やデシャン監督との確執から2021年まで代表に復帰することはありませんでした。

ベンゼマ活躍

そんなことがありながらも、ベンゼマはひたむきにクラブで結果を残し続けます。

18/19シーズンにはエースだったC.ロナウドがクラブを退団しますが、その穴を埋めるように7年ぶりとなる公式戦30得点を記録。

CLにおいても史上4人目となる通算60ゴールを達成したのです。

選手として円熟味を増してきたベンゼマですが、彼の進化は止まりません。

YASU
YASU

年齢を重ねる毎に怖さのある選手に変貌を遂げましたね!

フランス代表復帰

フランス代表復帰

2021年5月18日、ついにEURO2020のフランス代表に選出され、5年半ぶりにフランス代表に復帰。

すると、10月10日に行われたUEFAネーションズリーグの決勝では同点ゴールを決め、フランス代表の優勝に貢献したのです。

以前に召集されていた時から大幅にメンバーが変化していたにも関わらず、ベンゼマはまるで今まで召集されていたかのような連携プレーを見せたのでした。

スペイン戦

ベンゼマの代表復帰直後には、この復帰に対して賛否両論の意見が飛び交いました。

ですが、それ以上にクラブと代表の両方で存在感を見せるベンゼマの2022年カタールW杯での活躍を期待する声が世界中で大きくなっていきました。

YASU
YASU

エムバペとのホットラインは防ぎようがありません(笑)

世界最高の選手へ

世界最高の選手

そして、記憶に新しい21/22シーズンの彼の素晴らしい活躍はサッカーファンの皆さんならご存じでしょう。

国内のカップ戦で得点を重ね、スーペル・コッパ獲得に貢献し、リーグ戦ではキャリアハイとなる27得点で得点王に。

CLではラウンド16の2ndレグ、ホームでのパリサンジェルマン戦で達成したハットトリックでチームを劇的勝利に導きました。

続く準々決勝1stレグのチェルシー戦でもハットトリックを達成。

リヴァプール戦優勝

準決勝のマンチェスター・シティ戦でも劣勢の状況から大逆転劇の中心となり、その勢いのままファイナルではリヴァプールに勝利。

ベンゼマは12試合15得点の活躍でCL得点王を獲得し、レアル・マドリードの史上最多となる14回目のCL制覇に貢献しました。

21/22シーズンは間違いなくベンゼマが主役のシーズンを送りました。

バロンドール

大方の予想通りベンゼマはレアル・マドリードの選手として8人目となるバロンドールを獲得、2022年の世界最高選手に選ばれました。

YASU
YASU

この結果には満場一致でしょう!

2022年カタールW杯

カタールW杯

2022年11月にカタールWが開催。

ベンゼマは選手として全盛期を迎える中、フランス代表として自身2度目のW杯での活躍が期待されていました。

フランス代表は前回チャンピオンとして優勝候補の筆頭に挙げられており、2連覇に向けて国全体で盛り上がりを見せていました。

共演

また、フランスの新エースのエムバペとの共演も全世界が注目していました。

しかし、悲運なことに、フランス代表の全体練習中に太ももの痛みを訴え検査をすると、太もも四頭筋の損傷が判明。

デシャン監督はベンゼマを代表メンバーから外すことを明言、無念にも2022年のバロンドーラーのW杯はここで終わりを告げます。

自身のSNSにて

ベンゼマは自身のSNSにて僕はこれまでの人生で一度も諦めたことはない。しかし、今夜は僕が常に心がけているようにチームのことを考えなくてはならない。僕たちのチームが素晴らしいW杯を過ごす為、その役割を担ってくれる人にポジションを譲ろうと思う」と無念の心情を明かしました。

2022年フランス代表

実際フランス代表は怪我でメンバーに変化はあったものの、エムバペ、グリーズマン、ジルー、カマビンガ、ロリスなど、若手、中堅、ベテランが融合しW杯で素晴らしいサッカーを繰り広げてくれました。

アルゼンチンとの歴史に残る戦いの結果、惜しくも準優勝に終わってしまいますが、4年後のW杯でも期待できるチームになりました。

YASU
YASU

あの時ベンゼマがいれば...なんて考えてしまいます。

世界最高のその先へ

アンチェロッティ

現在35歳でベテランの域に達しましたが、レアル・マドリードの監督であるアンチェロッティからは、「全てを兼ね備えている素晴らしい選手」と評価を受けました。

昨季の22/23シーズンでは、国内カップ戦のコパ・デル・レイを制覇するなど好調に見えました。

しかし、CLではマンチェスター・シティに大敗の屈辱を浴び、ラ・リーガでも宿敵バルセロナに王座を明け渡し、終わってみればタイトルはカップ戦のみ。

ベンゼマはエースとして個人成績は十分だったもののチームに全ての栄冠をもたらすことができなかった為、サポーターやメディアの批判に晒される事態になってしまいました。

年齢の部分でも、新たなエースの獲得を推す世論も強まり、ベンゼマの契約延長には注目が集まりました。

そして、シーズン終了後の2023年6月7日にかねてより噂のあったサウジアラビアのアル・イテハドへの移籍が発表されました。

ベンゼマ最後

アル・イテハドとの契約は2026年までとなっていますが、ベンゼマは昔から「引退はできればリヨンでしたい」と話しているので、その目標が叶うまでは、まだまだ彼の活躍を見続けられますね!

時にはエースストライカーとして得点を奪い、時にはチームの為にアシストを供給するベンゼマのプレーは現代のFWの完成系なのかもしれません。

トップ選手として燦然と輝いてきたベンゼマのサウジアラビアでの活躍に注目していきましょう!

YASU
YASU

本音はもう少しレアル・マドリードでの輝きを見ていたかったです…

ベンゼマの試合にベットできる!!

カリム・ベンゼマの活躍を視聴する方法

ベンゼマは22/23シーズンも衰え知らずの活躍ぶりでしたね!

公式戦42試合30得点5アシストとレアル・マドリードの勝利に大きく貢献する大活躍ぶりでした。

そして、前述した通り、ベンゼマは23/24シーズンからサウジアラビアのアル・イテハドに所属しています。

アル・イテハドは22/23シーズンのリーグを制覇。さらにカンテやファビーニョといった名手の補強も成功させました。

そんなベンゼマととアル・イテハドのリーグ戦は、SPOTV NOWが一部試合を独占配信しています。

ベンゼマのいるアル・イテハドやロナウドがいるアル・ナスルが戦う注目の試合には、日本語の実況が付きますので、ストレスなく視聴できます!

YASU
YASU

配信するサービスが出てくるはず…

アル・イテハドが参加するコンペティション

23/24シーズンのアル・イテハドは3つのコンペティションに参加しています。

それぞれ視聴できるサービスを下記の表にまとめました。

アル・イテハドの参加コンペティション

  • サウジ・プロフェッショナルリーグ
  • サウジ国王杯
  • アジア・チャンピオンズリーグ

コンペティション毎の配信サービスと価格

各コンペティション
サウジプロフェッショナルリーグ一部の試合視聴可能一部の試合視聴可能
SPOTVNOWパック
視聴不可
サウジ国王杯視聴不可視聴不可視聴不可
アジア・チャンピオンズリーグ視聴不可視聴不可全試合視聴可能
価格(月額)2,000円
※詳細はこちら
2,989円
詳細はこちら
3,700円
詳細はこちら
無料トライアルなし1ヶ月無料なし
見逃し配信ありありあり
複数端末の同時視聴不可能4台まで2台まで
リンク登録はこちら登録はこちら登録はこちら

23/24シーズンのアル・イテハドはサウジアラビア国内のコンペティションとACLの合計3つのコンペティションに挑むことになります。

ただし、国内カップのサウジ国王杯は現在配信しているサービスはありません。

ACLに関しては、グルーステージからDAZNが独占配信しています。プレーオフは含まれていませんのでご注意ください。

アル・イテハドの試合を全て視聴するには、SPOTV NOW・DAZNの登録が必要となります。

上記のサービスを全て契約すると、毎月5,700円もの料金が発生するので、自分が見たいコンペティションを選んでサービスを契約するのが良いでしょう。

それぞれのコンペティションでおすすめの視聴方法をご紹介します。

YASU
YASU

自分が見たい試合を厳選して、なるべくお得に視聴しましょう!

サウジプロフェッショナルリーグの視聴方法

23/24シーズンのサウジプロフェッショナルリーグを視聴するならSPOTV NOWです。

一部の試合配信という形ですが、ロナウドやベンゼマといった選手の試合は高い確率で配信していますし、何より独占配信です。

SPOTV NOWの詳細はこちらの記事で詳しく解説しているので、併せてご覧ください。

プレミアリーグ全試合ライブ配信

YASU
YASU

プレミアリーグやセリエAの一部試合も視聴できます!

サウジプロフェッショナルリーグだけを視聴したいのであれば、月額2,000円のSPOTV NOWのみの登録がおすすめですが、U-NEXTのSPOTV NOWパックというプランに登録すれば、ラ・リーガを含めたスペイン国内の全コンペティションも全て視聴することができます。

U-NEXTのSPOTV NOWパックとは

実質2,989円でU-NEXT+SPOTV NOWを視聴可能なお得に利用できるプランです。

U-NEXT登録初月の無料トライアル期間は、付与されるポイントが600円となり、U-NEXTは無料ですが、SPOTV NOWは、2,000円から600円を引いた1,400円の支払いが必要です。

U-NEXTの詳細はこちらの記事で解説していますので、ご興味のある方はチェックしてくださいね。

31日間の無料トライアルキャンペーン

YASU
YASU

SPOTV NOWパックはかなりおすすめです!

本ページの情報は2024年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXT公式サイトにてご確認ください。

アジア・チャンピオンズリーグの視聴方法

23/24シーズンのACLを見るならDAZNです。

DAZNではグループステージから視聴可能ですので、ACLを視聴したい方はDAZNに登録しておきましょう。

ACLはDAZNの独占配信ですので、視聴する場合はDAZNへの登録が必須となります。

ですが、カップ戦は試合数が多くはないので、開催している期間、もしくはどうしても見たい試合がある場合だけDAZNに登録するのも1つの方法です。

DAZNはACL以外にも、セリエAやラ・リーガなどコンテンツが豊富で、サッカーが好きな方にはおすすめできるサービスです。

DAZNは月額3,700円(税込)で全コンテンツ見放題となりますが、お得なプランもありますので、気になる方はこちらの記事から詳細をご確認ください。

豊富なサッカーコンテンツを配信

他のリーグの視聴方法や、海外サッカーをお得に視聴する方法については下記の記事で詳しく解説していますので、確認してみてくださいね。

【23/24シーズン】欧州サッカー視聴方法まとめ|リーグ毎のおすすめの視聴サービス
【23/24シーズン】欧州サッカー視聴方法まとめ|リーグ毎のおすすめの視聴サービス

続きを見る

YASU
YASU

DAZNに登録していれば多くの試合を網羅できます!

カリム・ベンゼマの試合に賭ける方法

ここまではベンゼマの半生と彼の活躍を視聴する方法をご紹介してきました。

あなたはそんなベンゼマの試合にお金をかけられるブックメーカー”というサービスをご存知でしょうか?

海外ではスポーツを対象とするギャンブルが盛んで、非常に人気です。

ブックメーカーとは

サッカーなどのスポーツを対象とした海外で人気のギャンブル。試合の勝敗予想だけでなく、スコアやコーナーキックの数など様々な予想項目にお金を賭けることが可能。

ブックメーカーはオンラインでプレイ可能です。

好きなサッカーの予想をして、お金を稼げるのは嬉しいという方も多いはずですが、ブックメーカーはギャンブルということは必ず理解しておきましょう。

ブックメーカーで継続的に利益を上げるには、押さえるべき点がたくさんありますが、大前提として使用するサイトが非常に重要になります。

数多く存在するサイトの中から、サッカーの試合に賭ける際におすすめのブックメーカーサイトを2つご紹介しておきますね。

Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)

はじめにご紹介するのがスポーツベットアイオーというサイト。

スポーツベットアイオーはニューカッスルのスポンサーを努めるなど、数あるブックメーカーの中でも特にサッカーへ力を入れているサイトです。

スポーツベットアイオーをおすすめする理由

  • 最短30秒で登録でき、すぐにプレイすることができる
  • サッカーに力を入れており、キャンペーンや独自機能が豊富
  • サポートが手厚く、24時間365日、日本語で問い合わせ可能

スポーツベットアイオーの特徴は、登録が簡単で日本円を入金してすぐにプレイすることができる点もそうですが、オリジナルのキャンペーンや独自機能も豊富な点があげられます。

また、サイトも完全に日本語対応しており、分からないことがあれば24時間365日、チャットで簡単に問い合わせができる点も魅力的です。

これからブックメーカーをはじめるという方には1番おすすめのブックメーカーサイトです。

スポーツベットアイオーの登録方法はこちらの記事で詳しく解説していますので、興味のある方は是非一読してみてくださいね。

簡単登録ですぐにプレイ可能

YASU
YASU

ブックメーカーをこれから始めるならスポーツベットアイオー1択です!

bet365(ベットサンロクゴ)

次にご紹介するのはブックメーカーの老舗で世界でトップクラスの人気を誇るbet365です。

bet365は2001年からブックメーカーを提供している、歴史のある業界最大手の企業です。全世界のユーザーが6,300万人を超えており、その人気の高さが伺えます。

そんなbet365ですが、私も愛用させて頂いており、実際に使用してみて感じた優れている点は大きく3つあります。

bet365をおすすめする理由

  • とにかくサイトの動作が軽い
  • ベットできる項目が他のサイトに比べて多い
  • 試合によってはbet365で視聴することが可能

bet365を使用していて1番嬉しい点がとにかくサイトの動作が軽いことです。

他のサイトでは時間帯によってはアクセスが集中しているのか、サイトが重くなることがありますが、bet365ではほとんどそういったことはありません。

また1つの試合で賭けられる項目が業界トップクラスに多く、全ての試合が対象ではありませんが、一部の試合に関してはbet365で視聴することができるのも魅力の1つでしょう。

ただbet365はサイトでプレイをする前に、個人情報書類の提出が必要ですので、気軽にはじめたい方にはおすすめできません。

ブックメーカーに慣れている方におすすめしたいサイトですので、まだ登録していない方はこの機会に登録しておきましょう。

bet365の登録方法はこちらの記事で詳しく解説していますので、興味のある方は是非一読してみてくださいね。

今なら入金ボーナスが最大1万円もらえる

YASU
YASU

bet365は中級者以上の人向けですが、慣れればとっても使いやすい!

ブックメーカーはギャンブルですので、正しい知識を持ってプレイする必要があります。これからブックメーカーを始める方はまずこちらの記事をご覧ください

カリム・ベンゼマ|まとめ

以上、今回は数々の栄冠に輝いたカリム・ベンゼマをご紹介させていただきました。

サッカーを始めてから、エリートコースを歩んできたベンゼマ。

どんな選手とでも連携が取れて、尚且つ自身も輝くのは彼がどんな状況でも進化を止めず、過去の自分を超える為に、日々成長してきたからなのでしょうね。

23/24シーズンからは新天地のアル・イテハドに活躍の場を移したカリム・ベンゼマの今後の活躍から目が離せませんね!

紹介してほしい選手や監督、クラブなどがありましたらお気軽にリクエスト下さいね!

記事更新の情報はX(旧Twitter)にて、更新していますのでフォローお願いします。

YASU
YASU

最後までご覧頂きありがとうございました!

CHECK
欧州サッカー5大リーグ・欧州カップ戦 完全ガイド【23/24シーズン】
欧州サッカー5大リーグ・欧州カップ戦 完全ガイド【23/24シーズン】

続きを見る

当サイトでは海外サッカーの欧州5大リーグを中心に、最新ニュースやスター選手のこれまでの生い立ちやエピソードなどをご紹介しています。

その他にも、ブックメーカーの攻略法試合予想など、今よりもサッカーを楽しむをテーマに記事を更新しています。興味のある方は併せてチェックしてみてくださいね。

ブックメーカーに関する情報は海外居住の日本人に向けて発信しています。

  • この記事を書いた人

YASU

サッカー選手の生い立ちやエピソードをメインに記事を執筆しています。推しのチームはリヴァプールとドルトムント。好きな選手はトニ・クロースで好きな監督はクロップ。夢はアンフィールドでYNWAを聞くことです!

-その他リーグ, チーム・リーグ・選手紹介
-, , ,