チーム・リーグ・選手紹介 欧州5大リーグ

ロベルト・レヴァンドフスキ|世界最強のCFとして恐れられた豪傑【バルセロナFC|元ポーランド代表】

こちらの記事には、一部プロモーションが含まれています。

みなさんこんにちは、YASUです。

今回は世界最強のFWと謳われ、現在ラ・リーガのバルセロナで活躍しているロベルト・レヴァンドフスキについてご紹介します。

この記事で分かること

  • ロベルト・レヴァンドフスキの基本情報
  • ロベルト・レヴァンドフスキの生い立ちとエピソード
  • バルセロナの試合を視聴する方法
  • バルセロナの試合にベットする方法

レヴァンドフスキの試合にベットできる!!

ロベルト・レヴァンドフスキのプロフィール

レヴァのプロフィール
生年月日1988年8月21日(35歳)
国籍ポーランド
出身ワルシャワ
所属リーグラ・リーガ
所属チームバルセロナ
ポジションFW
背番号9番
利き足右足
推定年俸約26億円
ロベルト・レヴァンドフスキの基本情報
シーズン所属クラブ
2006-2008MKFズニチュ・プルシュクフ
2008-2010レフ・ポズナン
2010-2014ボルシア・ドルトムント
2014-2022FCバイエルン・ミュンヘン
2022-FCバルセロナ
ロベルト・レヴァンドフスキのクラブ遷移
YASU
YASU

レヴァンドフスキの栄光の物語です!

本記事ではチャンピオンズリーグ=CL ヨーロッパリーグ=EL ワールドカップ=W杯と記載

ロベルト・レヴァンドフスキの生い立ちとエピソード

レヴァの生い立ち

サッカーを知っている人なら誰もがこの選手の事を知っているのではないでしょうか?

それほどレヴァンドフスキは長くトップレベルで結果を残し続けています。

後ほどご紹介しますが、元日本代表の香川真司選手もドルトムント時代にレヴァンドフスキと共にプレーし、完璧な連携でドルトムント黄金期を築き上げました。

レヴァのプレースタイル

近年のFWの役割といえば、偽9番としてシャドー的な動きが求められたり、機動力の高い選手が多いですが、レヴァンドフスキは典型的なボックスタイプであり、周りの選手に活かしてもらったりポストプレーやライン間からの抜け出しで得点を量産するタイプです。

様々なポジションでの適応が求められる時代に、どのクラブでも生粋のセンターフォワードとして君臨してきました。

今もなおサッカー界のトップを走るレヴァンドフスキが、どのように最強と謳われるようになったのかをご紹介していきますので、最後までご覧ください。

YASU
YASU

今では少し珍しいタイプの選手かもしれませんね!

サッカーにのめり込んだ少年時代

レヴァの少年時代

1988年8月21日、レヴァンドフスキはポーランドのワルシャワに生まれました。

柔道家でありサッカー選手だった父と、バレーボール選手だった母の遺伝子を受け継いだレヴァンドフスキは、小さい頃からどんなスポーツも上手にこなす器用な子でした。

父同様に柔道の才能があったみたいですが、彼はサッカーにのめり込んでいきます。

1997年にバルソビアという小さなサッカークラブでサッカー人生をスタートさせ、2歳年上の年代に混ざってプレーし、切磋琢磨していました。

この頃から家族との夕食時でもテーブルの下でボールを転がしたり、ペットの犬を相手にドリブルしたりとサッカーの才能を磨いたエピソードがあります。

YASU
YASU

父親は柔道を続けてほしかったみたいです!

挫折を乗り越え、プロの道へ

レギア・ワルシャワ

順調に成長を遂げていたレヴァンドフスキは、ポーランドの名門、レギア・ワルシャワの入団テストに合格します。

このチームはレヴァンドフスキ少年の憧れのチームだった為、当時のレヴァンドフスキはトップチームでの活躍を夢見ていました。

しかし、クラブ側からトップチームへの昇格はあっさりと拒否されてしまいます。

その際に「君は身長が大きいだけで、細すぎて通用しない。まるで木の枝の様だ」と揶揄されてしまいます。

さらに、そんな状況の最中、これまでサポートしてくれた最愛の父が帰らぬ人に。

憧れのクラブからの拒否と尊敬する父を亡くしたことで心が折れかけるも、母親からの”下を向いてはいけない、諦めないで”という言葉で耐え、レヴァンドフスキは悲しみを背負いながらも前に進むことを決意します。

移籍

そして、環境を変える為にポーランド3部のズニチュ・プルシュクフに移籍を決意。

この頃に、自国の名門大学であるワルシャワ体育大学に入学し勉強も両立していきます。

大学ではトレーニング理論を専攻したようですが、レギア・ワルシャワ時代に通用しないと評価されたフィジカルを論理的に鍛える為だったのかもしれませんね。

プルシュクフ移籍

ズニチュ・プルシュクフ在籍の2年間で、59試合36ゴールと得点を量産。レヴァンドフスキはチームを3部から1部昇格に導きました。

この活躍で2008年にポーランドリーグの名門、レフ・ポズナンのスカウトの目に止まり、ステップアップの移籍が決定します。

YASU
YASU

プロでの活躍を天国の父に見せると誓い、芝生がダメになるほど練習したそうです!

ポーランド代表

初得点

2008年9月10日、ポーランドのA代表に召集され、代表初出場の南アフリカW杯のヨーロッパ予選のサンマリノ戦で初得点を記録します。

レヴァンドフスキはこの初招集以降はポーランドのエースとして活躍していきます。

記録メーカーであるレヴァンドフスキはEURO2016の予選で合計13得点で歴代予選最多得点記録16得点で2018年ロシアワールド杯予選最多得点記録という輝かしい記録を達成しているにも関わらず、W杯本戦の初得点は2022年のカタールW杯と最近のことです。

このことから歴史上、最もW杯のゴールに嫌われた男と呼ばれるようになってしまいます。

YASU
YASU

カタールW杯では2得点を記録しました!

覚醒の予感

奥さん

プライベートでは大学の学友で後に妻となるアンナさんに出会い、公私ともに充実。

移籍したレフ・ポズナンではサッカー業への集中の為に大学を休学しますが、2017年にしっかり卒業しています。

入学から卒業まで10年かかり、世界最強のFWが卒業までしたことで、当時SNSでは卒業式のレヴァンドフスキの卒業写真が出回るほどニュースになりました。

レフ・ポズナン

レヴァンドフスキはレフ・ポズナンに移籍してからも輝きを放ち、1年目に14ゴール、2年目に18ゴールで見事リーグ得点王に輝きます。

そして、ユース時代にトップチームに昇格できなかったレギア・ワルシャワを抑えて見事にリーグ優勝を果たしたのです。

母のイボナさんは、毎週欠かさず息子の活躍を観戦し、料理面などでレヴァンドフスキを支えていたようです。

しかし、当時彼に注目していたのはイボナさんだけではありませんでした。

YASU
YASU

この時にイングランドのチームと移籍交渉していたそうですよ!

運命を変えるドルトムント移籍

クロップ監督

レヴァンドフスキが試合をするスタジアムにいたのは、後にドルトムントを黄金世代へと導き、リヴァプールで数々のタイトルを獲得することになるユルゲン・クロップでした。

クロップは当時すでにドルトムントの監督でしたが、一般人としてチケットを購入し、レヴァンドフスキの視察に訪れていたのです。

1人のサッカーファンとしてレヴァンドフスキの能力に惚れ込んでいたのかもしれません。

ドルトムント移籍

そして2010年7月1日、レヴァンドフスキはドルトムントへと活躍の場を移します。

この移籍が彼の運命を大きく変えることになります。

1年目は絶対的エースのバリオス、ドイツの至宝ゲッツェ、ゲーゲンプレスの申し子、香川真司などの豪華アタッカー陣が揃っており、ベンチからの途中出場が続きました。

チームはブンデスリーガで優勝を果たしますが、彼にとっては不本意な1年目となってしまいます。

香川との共演

ですが、移籍2年目の11/12シーズンの10月1日アウグスブルク戦でエースのバリオスが怪我で離脱すると、レヴァンドフスキにスタメン出場のチャンスが訪れました。

彼はその試合で見事ハットトリックを達成。

それ以降、バリオスの離脱やシステムへの順応、そして香川真司との連携を完璧なものにし、スタメンに名を連ねるようになります。

2連覇

そして、この年に22ゴールを挙げ、ドルトムントのリーグ2連覇に大きく貢献します。

エピソードの1つですが、元々ドイツ語が全く話せなかった彼は、チームメイトと積極的に交流してすぐに上達したそうです。

大学に進学するなど、インテリな部分も兼ね備えているのでこういったストイックな部分が順応の早さと活躍の理由の1つかもしれません。

黄金時代

レヴァンドフスキは2012年5月12日のDFBポカール決勝にて、宿敵バイエルンとの対戦でハットトリックを記録し、5-2で絶対王者のバイエルンを撃破。見事優勝を飾ります。

この大会でレヴァンドフスキは6試合7得点で大会得点王に輝きます。

リーグ2連覇とカップ戦制覇に個人タイトル獲得と、充実したシーズンを送りました。

更にゲッツェ、香川と共に世界最高のアタッカーユニット7位に選出されるなど、黄金時代のチームのエースへと進化を遂げました。

YASU
YASU

他にも、フンメルスやギュンドアンなども在籍していましたね!

CLでの快進撃

チャンピオンズリーグ

勢いそのままに、ドルトムントとレヴァンドフスキは次のシーズンも世界を席巻します。

ドルトムントの攻撃のタクトを振るった香川がマンチェスター・ユナイテッドに移籍しますが、ゲッツェやギュンドアンなど黄金時代のメンバーに天才ロイスを加えたドルトムントはCLでもその力を見せつけます。

破竹の勢いで勝ち進み、銀河系軍団レアル・マドリードと準決勝で激突。

ここでレヴァンドフスキは世界に名を轟かせることに。

レアル・マドリード優勢の前評判を覆す4得点を叩きだし、銀河系軍団を敗退に追い込んだのです。

4得点

当時、レアル・マドリード相手に4得点も奪ったことで、世界中のサッカー関係者はレヴァンドフスキに驚かされました。

この試合以降、レヴァンドフスキは各国のメガクラブからの注目を浴び、移籍の噂が頻繁に飛び交うように。

そして、この噂は後に世間を驚かす現実になります。

決勝

決勝に駒を進めたドルトムントは、大一番でブンデスリーガ最大の宿敵バイエルン・ミュンヘンと決勝で対戦します。

バイエルンにはロッベン、リベリーやミュラーなど、ワールドクラスの選手が多く所属しており、まさに世界最高峰の決勝戦でした。

苦渋を舐める

ドイツのチーム同士の激突は激しい攻防が繰り広げられ、レヴァンドフスキも果敢に相手ゴールに迫りますが、結果はバイエルンの優勝。

レヴァンドフスキは初めての大一番で苦渋を舐めてしまいます。

そして、この試合終了の笛はドルトムントの黄金時代の終了を告げる笛になってしまいます。

YASU
YASU

現在も違うチームでそれぞれ大活躍している選手達の共演でしたね!

更なる進化を求めて

バイエルン移籍

CL決勝で涙を飲んだ翌年、2014年にレヴァンドフスキは宿敵バイエルンへの移籍を決断します。

元々年俸などの条件面でドルトムント側に不満を訴えていましたが、クラブ側がそれに応じず、レヴァンドフスキは契約延長を拒否。フリーでバイエルンに移籍しました。

当時のドルトムントのサポーターからは激しいバッシングを受けるなど、様々な反響があった移籍でしたが、レヴァンドフスキはバイエルンのエースとして、さらに世界最強のFWとしての道を進みます。

移籍した直後の14/15シーズンはリーグ戦31試合17得点とまずまずの結果でしたが、その次のシーズンにレヴァンドフスキは自身の力を証明します。

レヴァンドフスキ

15/16シーズン、開幕して1ヶ月程経過した9月22日、レヴァンドフスキはヴォルフスブルク戦に途中出場すると、わずか3分22秒でハットトリックを達成したのです。

それだけでも驚きですが、その後もゴールラッシュは止まらず、試合に出てから5分42秒で4点目、8分59秒で5点目を奪ったレヴァンドフスキは、「ブンデスリーガの史上最速ハットトリック」「最速4ゴール」「最速5ゴール」「途中出場選手の1試合最多得点」の4つのギネス記録を打ち立てる活躍をしました。

バイエルンに完全にフィットしたこの年、リーグ戦32試合30得点、公式戦51試合42得点の大活躍、このシーズンのバロンドールの投票で4位に選ばれ、充実のシーズンを送りました。

YASU
YASU

移籍直後は馴染めずブーイングされることも多いイメージでしたね。

満を持して臨む2度目のCL決勝

2度目のCL

バイエルンのエースとして大活躍していたレヴァンドフスキ、そして、ブンデス最強のバイエルンは19/20シーズンのCL決勝に7シーズンぶりに駒を進めました。

決勝の相手は、クラブ創設初のCL決勝の舞台に立つパリ・サンジェルマン。

優勝

エムバペネイマール、レヴァンドフスキ、ミュラー、両チームのワールドクラスの選手たちの激闘は、バイエルン所属でパリ・サンジェルマン下部組織出身のコマンのヘディングにより、バイエルンが7年ぶりの優勝で幕引きとなりました。

決勝での得点こそなかったレヴァンドフスキですが、この大会で15得点6アシストで得点王に輝く凄まじさ。

彼だけで、21得点分に貢献しているのですから凄いですよね。

悲願の優勝直後に泣き崩れた彼の姿は多くのサッカーファンを感動させました。

YASU
YASU

ポーランドでは功績を讃えて、レヴァンドフスキという道を作ったそうですw

掴みかけたバロンドール

バロンドール

これまでに様々なタイトルを掴んできたレヴァンドフスキですが、どうしても手に入れたい賞がありました。

それは、世界最高の選手の証であるバロンドールです。

15/16シーズンには4位に選ばれるも、レヴァンドフスキの年代で常に受賞してきたのはメッシC.ロナウドの2人。

この2人の同年代の選手達は毎年悔しい思いをしてきており、彼もその1人でした。

2021レヴァ

そんなレヴァンドフスキですが、21/22シーズンにはバロンドール受賞に最も近いと言われる活躍を見せます。

20/21シーズンは6期連続の開幕戦ゴールという偉業から始まり、シーズン41得点を記録し、ドイツの英雄、ゲルト・ミュラーのシーズン40得点を破る新記録を樹立。

サッカー界に衝撃を与えました。

2020年のバロンドールはコロナウィルスの影響で無くなるも、レヴァンドフスキは続く21/22シーズンも、リーグ戦34試合35ゴールを挙げ、2021年の年間のゴール数を50に到達する圧巻の活躍ぶり。

そして、誰もがレヴァンドフスキの2021年のバロンドール受賞かと思っていましたが、選ばれたのはなんとリオネル・メッシでした。

メッシもこの年のバルセロナで、リーグ30得点以上を記録したりと、好成績を残しましたが、レヴァンドフスキの記録には勝てないと考えられており、この受賞には様々なサッカー関係者からの賛否両論が出ました。

受賞したメッシも、レヴァンドフスキに何か特別な賞を与えるべきだと思わずコメントしてしまうほど。

それほどまでにレヴァンドフスキの存在感は世界中の選手の中でも圧倒的でした。

YASU
YASU

多くの選手が選定基準に物申す事態に...

新天地バルセロナ

レヴァンドフスキ10連覇

バロンドールは逃したものの、バイエルン在籍中の輝かしい功績により、名実共に世界最強のFWの1人に認められ、新賞であるゲルト・ミュラー賞を受賞しました。

バイエルンはリーグ10連覇の偉業を達成しましたが、これは間違いなくレヴァンドフスキの力があってのものでした。

バルセロナ移籍

21/22シーズンの終了後、「僕のバイエルンでの物語は終了した」と突然の移籍をほのめかす発言をし、直後に移籍金約62億円+出来高の条件でバルセロナへの移籍が決定します。

バルセロナは長年エースだったメッシの退団以降、上位には入るものの、リーグ優勝から3年も遠ざかっていました。

そこで、白羽の矢が立ったのがレヴァンドフスキ。

ブンデスリーガにて最強だったFWを、バルセロナ復活の中心に据えたかったのです。

レヴァンドフスキもこのままこのクラブにいてはサッカーの楽しさを失ってしまう。勝つことが楽しみではなく、義務になってしまいそうな気がした。他のリーグに行き、他の国の言語を学び、自分を成長させる必要があった」とバルセロナへの移籍の理由を話しました。

しかし、移籍後には「バイエルンより、バルセロナの方がバロンドールに近づける」とも発言していたので、やはりバロンドール受賞の野望も持ち合わせていたのですね

プレシーズン時点では、年齢の面で不安視されていたレヴァンドフスキですが、前評判をものともせず、すぐにバルセロナのサッカーに順応します。

レヴァンドフスキ

ラ・リーガ第二節のレアル・ソシエダ戦で2ゴールを決め、移籍後初得点を記録すると、CLのグループステージ、ヴィクトリア・プルゼニ戦でハットトリックを達成。

このシーズンは常にゴールランキングのトップをキープし続け、まだまだレヴァンドフスキが健在だということを証明しました。

シャビ

現在バルセロナの監督であり、クラブOBであるシャビは「組織やチームにとって真のリーダーである」とレヴァンドフスキを評価。

そして、22/23では移籍初年度から、得点王とラ・リーガ制覇を成し遂げ、すでにチームの顔の1人に。

リーグ戦23ゴールとバイエルン時代に比べると得点数が少なくなった為、ファンやメディアからは辛辣な評価もありましたが、今季のバルセロナは得点以上にレヴァンドフスキの存在に助けられていました。

来シーズンで注目なのは、やはりCLです。彼の夢であるバロンドールを手にするにはビッグイヤーを掲げる必要があるでしょう。

さらに、復帰が熱望されていたメッシがアメリカのインテル・マイアミに移籍が決まったことで、バルセロナ得点源のレヴァンドフスキには今までよりもプレッシャーがかかるはずです。

しかし、世界から恐れられたこのセンターフォワードは、これまで同様に重圧をもろともせずに、バルセロナに栄冠をもたらすはずです!

そんな世界最強の豪傑ストライカー、ロベルト・レヴァンドフスキの今後の活躍に期待しましょう。

YASU
YASU

圧倒的な実力を証明したシーズンでしたね!

レヴァンドフスキの試合にベットできる!!

ロベルト・レヴァンドフスキの活躍を視聴する方法

レヴァの活躍

レヴァンドフスキが所属するバルセロナはスペインのラ・リーガに所属しています。

今期は公式戦46試合33ゴール8アシストと文句のつけようのない活躍を見せました。

特にCLでは5試合5得点1アシストと大舞台での強さも発揮し、瞬く間にバルセロナのエースになりましたね。

バルセロナはラ・リーガ制覇を果たしましたが、来シーズンの更なる飛躍に期待が高まるシーズンを送りました。

そんなレヴァンドフスキとバルセロナの試合を視聴できるサービスはコンペティションによって異なりますので、それぞれご紹介します。

YASU
YASU

やっぱりクラシコは見逃せない...

バルセロナが参加するコンペティション

23/24シーズンのバルセロナは4つのコンペティションに参加しています。

それぞれの視聴できるサービスを下記の表にまとめましたので、ご覧ください。

バルセロナの参加コンペティション/span>

  • ラ・リーガ
  • コパ・デル・レイ
  • スーペル・コパ
  • チャンピオンズリーグ

コンペティション毎の配信サービスと価格

各コンペティション
ラ・リーガ全試合視聴可能全試合視聴可能視聴不可
コパ・デル・レイ視聴可能視聴不可視聴不可
スーペル・コパ視聴可能視聴不可視聴不可
チャンピオンズリーグ視聴不可視聴不可全試合視聴可能
価格(月額)2,189円
詳細はこちら
3,700円
詳細はこちら
2,530円
詳細はこちら
無料トライアル31日間無料なしなし
見逃し配信ありありあり
複数端末の同時視聴4台まで2台まで不可能
リンク登録はこちら登録はこちら登録はこちら

23/24シーズンのバルセロナはスペイン国内のコンペティションに加えて、CLの合計4つのコンペティションに挑みます。

バルセロナの試合を全て視聴するには、U-NEXT・WOWOWの登録が必要となります。

上記のサービスを全て契約すると、毎月4,713円もの料金が発生するので、自分が見たいコンペティションを選んでサービスを契約するのが良いでしょう。

それぞれのコンペティションでおすすめの視聴方法をご紹介します。

YASU
YASU

自分が見たい試合を厳選して、なるべくお得に視聴しましょう!

ラ・リーガ|コパ・デル・レイ|スーペル・コパの視聴方法

23/24シーズンの『ラ・リーガ』『コパ・デル・レイ』『スーペル・コパ』を全試合配信するサービスは、U-NEXTになります。

ラ・リーガに関しては、DAZNでも全試合配信してますが、U-NEXTはラ・リーガを含むスペイン国内のコンペティションを全て配信するので、圧倒的にU-NEXTがおすすめです。

さらに、U-NEXTのSPOTV NOWパックというプランに登録すれば、プレミアリーグも全試合視聴することができます。

C.ロナウドやベンゼマといったスター選手達を次々に獲得しているサウジプロフェッショナルリーグの一部試合を配信しています。

U-NEXTのSPOTV NOWパックとは

実質2,989円でU-NEXT+SPOTV NOWを視聴可能なお得に利用できるプランです。

U-NEXT登録初月の無料トライアル期間は、付与されるポイントが600円となり、U-NEXTは無料ですが、SPOTV NOWは、2,000円から600円を引いた1,400円の支払いが必要です。

U-NEXTの詳細はこちらの記事で詳しく解説しているので、併せてご覧ください。

31日間の無料トライアルキャンペーン

YASU
YASU

SPOTV NOWパックはかなりおすすめです!

本ページの情報は2024年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXT公式サイトにてご確認ください。

チャンピオンズリーグの視聴方法

23/24シーズンのCLはWOWOWの独占配信が決まっています。

ELやECLもWOWOWに登録すれば、グループステージから決勝までの全試合を視聴可能になります。

WOWOWはスポーツ以外にも、多くのジャンルのコンテンツを豊富に揃えているので、サッカー以外でもお楽しみいただけるでしょう。

サッカーしか見ないという方は、CLの開催期間中だけか、見たいラウンドからWOWOWと契約する方法もおすすめです。

WOWOWは月額2,530円(税込)で全てのコンテンツが見放題です。

WOWOWについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

チャンピオンズリーグ独占配信

他のリーグの視聴方法や、海外サッカーをお得に視聴する方法については下記の記事で詳しく解説していますので、確認してみてくださいね。

【23/24シーズン】欧州サッカー視聴方法まとめ|リーグ毎のおすすめの視聴サービス
【23/24シーズン】欧州サッカー視聴方法まとめ|リーグ毎のおすすめの視聴サービス

続きを見る

YASU
YASU

ちなみに私は全てのサービスを契約しています(笑)

ロベルト・レヴァンドフスキの試合に賭ける方法

かける方法

ここまで、レヴァンドフスキのこれまでの半生と彼の活躍を視聴する方法をご紹介してきました。

あなたはそんなレヴァンドフスキの試合にお金をかけられる”ブックメーカー”というサービスをご存知でしょうか?

海外ではスポーツを対象とするギャンブルが盛んで、非常に人気です。

ブックメーカーとは

サッカーなどのスポーツを対象とした海外で人気のギャンブル。試合の勝敗予想だけでなく、スコアやコーナーキックの数など様々な予想項目にお金を賭けることが可能。

ブックメーカーはオンラインでプレイ可能です。

好きなサッカーの予想をして、お金を稼げるのは嬉しいという方も多いはずですが、ブックメーカーはギャンブルということは必ず理解しておきましょう。

ブックメーカーで継続的に利益を上げるには、押さえるべき点がたくさんありますが、大前提として使用するサイトが非常に重要になります。

数多く存在するサイトの中から、サッカーの試合に賭ける際におすすめのブックメーカーサイトを2つご紹介しておきますね。

Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)

はじめにご紹介するのがスポーツベットアイオーというサイト。

スポーツベットアイオーはプレミアリーグのアーセナルやニューカッスルのスポンサーを努めるなど、数あるブックメーカーの中でも特にサッカーへ力を入れているサイトです。

スポーツベットアイオーをおすすめする理由

  • 最短30秒で登録でき、すぐにプレイすることができる
  • サッカーに力を入れており、キャンペーンや独自機能が豊富
  • サポートが手厚く、24時間365日、日本語で問い合わせ可能

スポーツベットアイオーの特徴は、登録が簡単で日本円を入金してすぐにプレイすることができる点もそうですが、オリジナルのキャンペーンや独自機能も豊富な点があげられます。

また、サイトも完全に日本語対応しており、分からないことがあれば24時間365日、チャットで簡単に問い合わせができる点も魅力的です。

これからブックメーカーをはじめるという方には1番おすすめのブックメーカーサイトです。

スポーツベットアイオーの登録方法はこちらの記事で詳しく解説していますので、興味のある方は是非一読してみてくださいね。

簡単登録ですぐにプレイ可能

YASU
YASU

ブックメーカーをこれから始めるならスポーツベットアイオー1択です!

bet365(ベットサンロクゴ)

次にご紹介するのはブックメーカーの老舗で世界でトップクラスの人気を誇るbet365です。

bet365は2001年からブックメーカーを提供している、歴史のある業界最大手の企業です。全世界のユーザーが6,300万人を超えており、その人気の高さが伺えます。

そんなbet365ですが、私も愛用させて頂いており、実際に使用してみて感じた優れている点は大きく3つあります。

bet365をおすすめする理由

  • とにかくサイトの動作が軽い
  • ベットできる項目が他のサイトに比べて多い
  • 試合によってはbet365で視聴することが可能

bet365を使用していて1番嬉しい点がとにかくサイトの動作が軽いことです。

他のサイトでは時間帯によってはアクセスが集中しているのか、サイトが重くなることがありますが、bet365ではほとんどそういったことはありません。

また1つの試合で賭けられる項目が業界トップクラスに多く、全ての試合が対象ではありませんが、一部の試合に関してはbet365で視聴することができるのも魅力の1つでしょう。

ただbet365はサイトでプレイをする前に、個人情報書類の提出が必要ですので、気軽にはじめたい方にはおすすめできません。

ブックメーカーに慣れている方におすすめしたいサイトですので、まだ登録していない方はこの機会に登録しておきましょう。

bet365の登録方法はこちらの記事で詳しく解説していますので、興味のある方は是非一読してみてくださいね。

今なら入金ボーナスが最大1万円もらえる

YASU
YASU

bet365は中級者以上の人向けですが、慣れればとっても使いやすい!

ブックメーカーはギャンブルですので、正しい知識を持ってプレイする必要があります。これからブックメーカーを始める方はまずこちらの記事をご覧ください

ロベルト・レヴァンドフスキ|まとめ

レヴァ、まとめ


以上、今回はバルセロナ所属のロベルト・レヴァンドフスキをご紹介させていただきました。

挫折を乗り越え、今や誰もが知るストライカーになったレヴァンドフスキですが、今回の記事でもご紹介したように、34歳になった今でも、バロンドールの夢を諦めてなどなく、実現に向けて進化し続けています。

彼の行き着く先にはどんな栄光が待っているんでしょうか?

そんな世界最強のセンターフォワード、ロベルト・レヴァンドフスキの活躍に目が離せませんね!

紹介してほしい選手や監督、クラブなどがありましたらお気軽にリクエスト下さいね!

記事更新の情報はX(旧Twitter)にて、更新していますのでフォローお願いします。

YASU
YASU

最後までご覧頂きありがとうございました!

CHECK
欧州サッカー5大リーグ・欧州カップ戦 完全ガイド【23/24シーズン】
欧州サッカー5大リーグ・欧州カップ戦 完全ガイド【23/24シーズン】

続きを見る

当サイトでは海外サッカーの欧州5大リーグを中心に、最新ニュースやスター選手のこれまでの生い立ちやエピソードなどをご紹介しています。

その他にも、ブックメーカーの攻略法試合予想など、今よりもサッカーを楽しむをテーマに記事を更新しています。興味のある方は併せてチェックしてみてくださいね。

ブックメーカーに関する情報は海外居住の日本人に向けて発信しています。

  • この記事を書いた人

YASU

サッカー選手の生い立ちやエピソードをメインに記事を執筆しています。推しのチームはリヴァプールとドルトムント。好きな選手はトニ・クロースで好きな監督はクロップ。夢はアンフィールドでYNWAを聞くことです!

-チーム・リーグ・選手紹介, 欧州5大リーグ
-, , ,