チーム・リーグ・選手紹介 欧州5大リーグ

セルヒオ・ラモス|伝説を作り上げた世界最高の闘将【セビージャFC|元スペイン代表】

こちらの記事には、一部プロモーションが含まれています。

みなさんこんにちは、YASUです。

今回は世界最高のDFと謳われ続けた闘将セルヒオ・ラモスについてご紹介します。

この記事で分かること

  • セルヒオ・ラモスの基本情報
  • セルヒオ・ラモスの生い立ちとエピソード
  • セビージャの試合を視聴する方法
  • セビージャの試合にベットする方法

セルヒオ・ラモスの試合にベットできる!!

セルヒオ・ラモスのプロフィール

セルヒオ・ラモスのプロフィール
生年月日   1986年3月30日(37歳)  
国籍スペイン
出身セビリア
所属リーグラ・リーガ
所属チームセビージャ
ポジションDF
背番号4番
利き足右足
推定年俸約1億6,000万円
セルヒオ・ラモスの基本情報
シーズン所属クラブ
2004-2005セビージャ
2005-2021レアル・マドリード
2021-2023パリ・サンジェルマン
2023-セビージャ
セルヒオ・ラモスのクラブ遷移
YASU
YASU

あのレアル・マドリードに16年も在籍していた男!

本記事ではチャンピオンズリーグ=CL ヨーロッパリーグ=EL パリ・サンジェルマン=PSG ワールドカップ=W杯と記載

セルヒオ・ラモスの生い立ちとエピソード

セルヒオ・ラモスの生い立ち

あなたはセルヒオ・ラモスといえばどんな印象がありますか?

激しいディフェンス?ディフェンダーなのに得点シーンが多い?

様々な意見が出るほど、彼は完成度の高いサッカー選手です。

サイドバック時代のラモス

セルヒオ・ラモスは現在はCBとして有名ですが、過去にはサイドバックや中盤で試合に出場する事もありました。

豪快なプレーが目立ちますが、チームの統率力にも長けており、試合中は思考をやめないインテリジェンスな選手でもあります。

さらにはフィジカル、戦術理解度、カバーリング、セットプレー、どの能力においても、世界トップクラスの選手といえるでしょう。

そんなセルヒオ・ラモスですが

そんなセルヒオ・ラモスも現在37歳と大ベテランの域に。

PSGとの契約満了に伴う退団後は去就が決まらず、もうトップリーグでは見れないと思われました。

しかし、23/24開幕直後にプロデビューを飾ったセビージャへの復帰が決定しました。

今回は、これまでの彼の波瀾万丈な物語と、どのように世界最高のディフェンダーと呼ばれるようになったかをご紹介していきます。

ぜひ最後までご覧ください!

YASU
YASU

記録メーカーのラモスの人生とは?!

闘牛士に憧れた少年

闘牛士に憧れた少年

セルヒオ・ラモスはスペインのセビリアにあるカマスで、3人兄妹の次男として誕生します。

仲の良かった兄の影響もあり、物心がついた頃には公園で石などをボールに見立ててサッカーをしていたようです。

ですが、セルヒオ・ラモスはアンダルシアで盛んだった闘牛をこよなく愛していました。

この頃に両親に闘牛士になりたいと打ち明けますが、危険な職業の為に兄を含めた家族から猛反対。

サッカーを本格的に始めました

そんなこともあり、セルヒオ・ラモスは国内で人気の高いサッカーを本格的に始めることに。

このエピソードは彼を知る人の中では有名な話のようですね。

プレーの激しさだけ見れば、もはや闘牛ですが...

家族との関係はかなり良好で、兄のレネはセルヒオ・ラモスの代理人として現在活動しています。

YASU
YASU

兄がいなかったら闘牛士になっていたと本人が語っています(笑)

才能の開花

セビージャの下部組織

セルヒオ・ラモスのサッカー人生の1歩目は6歳、地元のチームへの入団から始まります。

セルヒオ・ラモスはすぐにサッカーの才能を開花させ、所属していたチームが提携していたセビージャFCのユースチームに入団。

同じ時期のセビージャのユースには、後にトップチームで活躍するヘスス・ナバスやアントニオ・プエルタが在籍し、共に切磋琢磨していました。

セルヒオ・ラモスはユースチームに2003年まで在籍し、翌年の17歳の時にBチームへ昇格。

Bチームでも順調に好成績を残していたセルヒオ・ラモスは、そのまた翌年にトップチーム昇格が決定しました。

ラ・リーガデビュー

そして、2004年2月、デポルティーボ・ラ・コルーニャ戦でラ・リーガデビューを果たすなど、エリートコースを歩み始めました。

デビューシーズンは既にリーグ終了に近かった為、7試合のみの出場でしたが、次の04/05シーズンは主力として公式戦41試合に出場し、大器の片鱗を見せつけます。

ブレイクスルーアワード

さらに、この当時まだ18歳ということで、スペインで行われるドン・バロン・アワードにて、成長の期待が大きい選手に贈られるブレイクスルー賞に選出。

一気に名前を轟かし、セビージャサポーターも今後チームを引っ張る選手の誕生に期待を大きくしていました。

しかし、この時同じスペインのあるチームが彼の獲得を熱望することになります。

YASU
YASU

この当時はまだ右サイドバックとして活躍!

レアル・マドリード移籍

レアル移籍

2005年の夏の移籍市場にて19歳のセルヒオ・ラモスに対し、あのレアル・マドリードからオファーが舞い込みます。

彼を欲したのは、現在も会長として手腕を発揮しているフロレンティーノ・ペレス。

当時は彼の第1次政権期であり、セルヒオ・ラモスはペレス政権下にて最初に獲得したスペイン人選手となりました。

セルヒオ・ラモスもさらにレベルの高い環境でのプレーを求め、10代としては当時の最高額の約35億円でレアル・マドリードに移籍。

評価が高い

当時のレアル・マドリードは、まさに銀河系軍団として豪華なメンバーがズラリと揃っていました。

それでも会長本人が獲得を熱望していたので、いかに彼の評価が高かったか分かりますね。

しかし、この移籍に黙っていないのはセビージャのサポーター。

希望の星だったセルヒオ・ラモスに裏切り者の烙印を押し、強い批判を浴びせることに。

ラモス当時の心境

セルヒオ・ラモスは、この当時の心境を、「何千回同じ機会がきても今と同じ決断をするよ。だけど、僕は死ぬまでセビージャの選手だ」とコメント。

移籍に後悔はないことと、セビージャに対して誇りを忘れていないことを堂々と語っています。

移籍先のレアル・マドリードでは、クラブのレジェンドであるイエロの背番号4を受け継ぐことになり、新天地での新しい冒険が始まりました。

YASU
YASU

マンチェスター・ユナイテッドへの移籍話の報道もありました。

移籍初年度から大暴れ

移籍初年度

セルヒオ・ラモスは、移籍初年度の05/06シーズンから公式戦46試合に出場。

DFながらも6得点を奪い、攻守に置いて高いレベルでプレーできることを証明しました。

続く06/07、07/08シーズンも公式戦で42試合、45試合出場と大車輪の活躍をします。

この2シーズンとも6得点を記録しています。

もしかしたらFWでも世界的選手になっていた可能性がありますよね。

凄い攻撃センスです。

譲ことなく

レアル・マドリードは世界でも屈指のメガクラブですので、移籍による選手の入れ替わりが非常に多いチームです。

F・カンナバーロ、ペペ、R・カルヴァーリョ、マルセロなど、ワールドクラスのDFが続々と加入してきましたが、セルヒオ・ラモスがポジションを譲ることはありませんでした。

それほどチームに必要不可欠な選手になっていたのです。

イグアインへのアシスト

07/08シーズンの5月、CAオサスナ戦の試合終了間際にイグアインの決勝点を見事にアシストし、チームのリーグ2連覇に貢献します。

この年にFIFAとUEFAの両方から年間ベストイレブン、バロンドール21位に選出され、世界を代表するDFになりました。

08/09シーズン、チームはリーグ2位で終えるも、国内カップ戦のスーペル・コパでは、バレンシアとの決勝で2試合合計で同点とする値千金のゴールを奪い、優勝に導きます。

銀河系軍団

そして、09/10シーズン、フロレンティーノ・ペレス会長が会長職に復帰。

C.ロナウドやカカ、ベンゼマ、シャビ・アロンソ等、ワールドクラスの選手を次々に獲得し、新銀河系軍団が誕生しました。

ディフェンダーではラウール・アルビオルやアルバロ・アルベロアが加入。

明け渡さない

チーム内のレギュラー争いが激化しますが、それでもセルヒオ・ラモスはポジションを譲らず、このシーズンに移籍後わずか5年で公式戦200試合出場、リーグ戦150試合出場を達成します。

大きい怪我もなくレアルという世界最高のクラブでこのスピード達成はセルヒオ・ラモスだから成し得た記録でしょう。

YASU
YASU

確かにずっと活躍しているイメージだ

スペイン代表での栄冠

スペインデビュー戦

ここでセルヒオ・ラモスの代表経歴についてもご紹介していきます。

2005年3月26日、中国との親善試合にて自身初となるA代表に選出され、代表デビュー。

この時のセルヒオ・ラモスは18歳で、当時のスペイン代表最年少出場記録を更新します。

同年10月のサンマリノ戦では代表初得点を含む2得点を奪います。

そして、レアル・マドリードの同僚であるミチェル・サルガドに代わり、スペインの右サイドバックとしてA代表に定着し、2006年ドイツW杯で先発メンバーとして出場しました。

クラブと代表で順調だったセルヒオ・ラモスはこの頃に、辛い経験をします。

帰らぬ人

2007年8月、セビージャの下部組織からの親友アントニオ・プエルタが病に倒れ、帰らぬ人となってしまうのです。

これ以降、セルヒオ・ラモスはプエルタが代表で背負っていた15番をスペイン代表では着用するようになります。

ユーロ優勝

プエルタと共に予選を戦ったユーロ2008では圧倒的な強さで勝ち上がり、決勝のドイツ戦では、相手FWのポドルスキを完全に抑え、スペイン代表の優勝優勝に貢献しました。

優勝セレモニーではプエルタの写真と「いつも一緒に」とプリントされた服を着用して参加。

友情の深さがわかるシーンですね。

YASU
YASU

インタビューでは、この優勝はプエルタに捧げると話すほどの絆の深さ。

無敵艦隊

南アフリカW杯

スペイン代表でも中心選手として活躍を見せるセルヒオ・ラモスは、世界最高の栄冠を掴むことに。

2010年南アフリカW杯が開催されました。

この当時のスペイン代表のメンバーはセルヒオ・ラモスの他に、ピケ、カシージャス、シャビ、ブスケツ、イニエスタ、トーレス、ビジャ、シャビ・アロンソ、セスクなど名だたる選手ばかり。

スペイン代表はW杯本大会でも完璧な強さで、決勝まで順調に駒を進めます。

セルヒオ・ラモスは全試合に右サイドバックで出場し、スペインの攻守を支えました。

そして、決勝の相手はロッベンやスナイデルを擁するオランダ代表。

イニエスタゴール

皆さんの記憶にも残っているであろうこの試合は、イニエスタのロスタイムのスーパーゴールにより、延長までもつれた死闘を制し、見事にスペイン代表が優勝。

その勢いのままスペイン代表はEURO2012でも優勝を果たし、主要国際大会の3連覇を達成、スペインの異名である無敵艦隊にふさわしい強さを誇りました。

このユーロ2012でのセルヒオ・ラモスはジェラール・ピケとセンターバックで出場すると、鉄壁のディフェンスで優勝に貢献し、大会優秀選手に選出されました。

セルヒオ・ラモスは後のインタビューで「あの経験は、誰も成し遂げることはできないだろう、あんな幸せなことはなかったよ」と喜びの言葉を残しています。

YASU
YASU

ポルトガル戦のPKではチップキックで得点、万能だな〜

無敵艦隊の沈没

ブラジルW杯

そして、選手として成熟したセルヒオ・ラモスは2014年ブラジルW杯で3度目のW杯に臨みます。

前回の主要メンバーに加え、ジエゴ・コスタやマタといった新星を召集したスペインには大会連覇の期待がかかっていました。

しかし、歯車が噛み合わず、なんとグループステージであっけなく敗退してしまいます。

ロッベン

皮肉にも前回大会の決勝で勝利したオランダ代表に5対1のスコアで敗北。

この試合で、ドリブル中のロッベンにスピード負けしたラモスが置き去りにされるシーンが映され、後にスペインファンから非難を浴びてしまいます。

EURO2016以降はこれまでキャプテンを務めていたカシージャスの出場機会が少なくなった為、、セルヒオ・ラモスは代表チームのキャプテンに任命されました。

そして、2019年10月12日のノルウェー戦で168試合目のキャップを記録し、カシージャスの代表最多キャップ記録を更新します。

得点力

ちなみにセルヒオ・ラモスは、代表で通算23得点を記録しており、ディフェンダーながら同代表の歴代得点記録8位に並ぶなど、代表でも凄まじい得点能力を誇っています。

イメージ的には激しくパワフルなイメージがあるセルヒ・ラモス。

ですが、キック制度が高いことで有名であり、PKに至っては25連続で成功するなど、彼がいかにサッカー選手として完成しているかがわかりますね!

YASU
YASU

制度の高いクロスやフィードは敵に恐れられています!

スペイン代表引退

代表引退

2020年のEURO本戦では、2022年W杯予選での怪我の影響もあり、メンバーから落選。

セルヒオ・ラモスはこの時、「この国を代表出来ないのは辛いが、みんなに大きな声援を送る」と語り、スペイン代表にエールを送っています。

2023年2月23日、スペイン新監督のデラフエンテから世代交代の為、今後の召集はないことが明言。

改めてセルヒオ・ラモスは代表引退を発表することになりました。

スペインでの栄光

数々の栄冠を掴んだセルヒオ・ラモスの代表活動はここで幕引きとなります。

しかし、GKのブッフォンを超え、欧州最多となる180試合の記録を打ち立てました。

クラブチームだけでなく、代表でも様々な記録を叩き出したセルヒオ・ラモスはスペインサッカー界に名を刻んだでしょう。

YASU
YASU

ちなみに本人は年齢で決めないでと怒っていたそうです。

レアル・マドリードのキャプテン

スライディング

10/11シーズンからはラウルとグティの退団により、カシージャスがキャプテン、セルヒオ・ラモスが副キャプテンに任命されます。

この頃から後にカードコレクターと呼ばれるようになるセルヒオ・ラモスの激しいタックルが注目されるようになってしまいます。

レッドカード

2011年の11月のエル・クラシコでは、メッシに激しいタックルを行い、そのプレーに抗議したプジョルを突き飛ばし、レッドカードを貰ってしまいます。

この退場は移籍以降5度目であり、同じ背番号の元キャプテン・イエロのクラブ記録に並びます。

ぺぺとのコンビ

セルヒオ・ラモスとぺぺのCBコンビは、クラシコの時には特に気合いが入っており、自分が関与していないファールや小競り合いでも全力ダッシュで輪の中心に入っていくほどです。

セルヒオ・ラモスはレアル在籍時だけで、259枚のイエローカードを提示されています。

これはラ・リーガ最多退場記録、CL最多被カード記録なのですが、代表では一度も退場経験がないという不思議な逸話があります。

バスから落とす

セルヒオ・ラモス自身忘れられない試合と語っているのが、2011年のコパ・デル・レイの決勝。対戦相手は宿敵バルセロナでした。

セルヒオ・ラモスはCBで出場し、優勝に貢献。

しかし、この後の優勝パレードでは苦労して勝ち取った優勝カップをバスの上から落としてしまうミスを起こしました。

しかも、自分たちの乗っていたバスがそのカップを轢き、破壊してしまうのです。

セルヒオ・ラモス本人は「優勝カップを落としてしまったことで、とても印象に残っている。ずっと自分の心の中から忘れることが出来ないよ」と常人では考えられないポジティブ発言。

レアルファンから総ツッコミの一幕もありました。

YASU
YASU

優勝カップは新しく作られて返ってきたそうですw

レアル・マドリードの伝説の始まり

ラ・デジマ

13/14シーズン、サッカー選手にとって最高の舞台であるCL決勝へ。

さらに、アトレティコ戦で、起死回生となるヘディングによる得点でチームを救い、どのクラブも成し遂げていない10度目のCL優勝を達成します。

この時のCLの準決勝のバイエルン戦でも前半だけで2得点を奪い、勝利に貢献。

ラ・リーガでも4得点を記録するなど、本当にディフェンダーかと疑ってしまうレベルの得点力を発揮しています。

キャプテン

15/16シーズンからは、レアル・マドリードのキャプテンを務めていたイケル・カシージャスの移籍に伴いチーム全体のキャプテンに就任します。

そして、彼が率いる銀河系軍団はここから伝説を作りあげるのです。

YASU
YASU

公式戦7得点の内、3点が決勝点という勝負強さを発揮!

脅威のCL3連覇

キャプテン就任以降も、コンスタントな活躍を見せていたセルヒオ・ラモスは、再びCLの決勝の舞台に立ちます。

決勝の相手は10度目のCL制覇を成し遂げた時の相手であるアトレティコ・マドリード。

セルヒオ・ラモスはこの大舞台で得点能力を発揮し、またも決勝で得点を叩き出したのです。

しかし、試合は時間内に決まらずにPK戦にまでもつれ込みました。

セルヒオ・ラモスも第4キッカーを務め、しっかりと決め切ります。

この死闘はレアル・マドリードが制して、11回目の優勝を飾りました。

セルヒオ・ラモスはこの試合のMVPに選ばれ、キャプテンとして初のビッグイヤーをミラノの空に掲げました。

2大会連続の決勝戦でのゴールは史上5人目であり、DFとしては初めての快挙でした。

そして、自身にとってもチームにとっても全盛期を迎えることになります。

16/17シーズンでは、ラ・リーガでも圧倒的な強さで優勝すると、レアル・マドリードはCLでも2大会連続の決勝に進出しました。

クリロナ

この決勝ではイタリア最強のユベントスと激突しましたが、4-1と当時のレアルの強さを表すスコアで完勝し、チーム史上初のCL2連覇を成し遂げました。

セルヒオ・ラモスはこの最難関のビッグイヤーを2年連続で掲げたのです。

レアルの強さに世界中が驚きましたが、セルヒオ・ラモス率いる白い巨人は、更に歴史を塗り替えていきます。

3連覇前

17/18シーズン、レアル・マドリードとセルヒオ・ラモスは、なんと3年連続のCL決勝へ。

今まで数多くのスタープレイヤーが立つことすら出来なかった舞台に、3年連続で駒を進めたのです。

決勝の相手はプレミアリーグで復活したリヴァプール。

サラー

この年、モハメド・サラーはプレミアリーグのシーズン最多得点記録を塗り替える活躍を見せており、レアル・マドリードのエース、C.ロナウドとの直接対決も注目されていました。

ですが、この試合でセルヒオ・ラモスは批判を受ける事態に陥ってしまいます。

前半31分、サラーへのディフェンス時に交錯し、サラーが負傷退場することになってしまいます。

ファール

後日、サラーの腕にわざと自分の腕を絡めて転んだ様にも見える映像が流れますが、セルヒオ・ラモスは試合後にわざとではないと釈明。

真実は本人にしか分かりません。

レアル・マドリードは、ベイルのスーパーゴールやリヴァプールGKのカリウスのミスの影響もあり、前人未踏の3連覇を達成します

しかし、この決勝の後にサラー負傷の件で各方面から強く避難を浴び、どこからかセルヒオ・ラモスの携帯番号が流出してしまい、番号を変えることになってしまいます。

本人は「負けた理由が欲しいんだろう」と全く気にしない様子で、ここでも強靭なメンタルを発揮していました。

3連覇

一連の騒動を抜きにしても、キャプテンとして伝説の3連覇に貢献したことは確かであり、セルヒオ・ラモスは世界最高のディフェンダーと呼ばれるように。

その後も、18/19シーズンでシーズン11得点を記録し、自身のシーズン得点記録を更新したり、レアル・マドリードでの公式戦600試合出場など大車輪の活躍を続けます。

史上最多タイトル獲得

そして、19/20シーズンにレアル・マドリードはラ・リーガ優勝を達成。

これによりセルヒオ・ラモスは、マノーロ・サンチスを超え、レアル・マドリード史上最多タイトル獲得選手となりました。

さらには、このシーズンでラ・リーガ通算69ゴール目を記録し、DF登録選手として最多の得点記録保持者にもなりました。

YASU
YASU

レアル・マドリードの時だけで、22回のタイトルを獲得!

新天地・パリ・サンジェルマン

20/21シーズン

数々の大記録を持つセルヒオ・ラモスですが、20/21シーズンはコンディション不良や怪我の影響で出場数が激減してしまいます。

シーズンオフにはレアル側との契約延長の交渉がまとまらず、16年在籍したレアル・マドリードからの退団が発表されました。

レアル移籍騒動

レアルはチームの方針として30歳以上の選手とは1年以上の延長契約はしない方針でがあり、セルヒオ・ラモスに対しても減俸+1年契約を提示。

しかし、セルヒオ・ラモス側が納得できないことで、話し合いが終わらない状況が続きました。

最終的にはセルヒオ・ラモス側が条件を受け入れる形で契約延長を交わしますが、なんとその返事が期限を超えていた為に認められず、そのまま退団する事になってしまったのです。

レアル退団

セルヒオ・ラモスは「期限があるなんて知らなかった」と語っていますが、16年も在籍し、チームに大きく貢献した彼の退団理由がそれとは誰も考えていなかったでしょうね。

レアル退団が決まるとすぐにオファーが舞いこんできます。

PSG

そのチームは、オイルマネーで次々にスター選手を獲得していたパリ・サンジェルマンでした。

PSGは同じ時期にリオネル・メッシを獲得し、他にもネイマールエムバペなど、レアル・マドリード以上の銀河系軍団を作りあげようとしていました。

そして、そのディフェンスリーダーとしてセルヒオ・ラモスに白羽の矢が立ちました。

ラモス移籍パリ

2021年7月8日に2年契約での移籍を発表。背番号はレアル時代と同じ4番に決まり、セルヒオ・ラモスにとって新たな道に進むことに。

しかし、移籍以降コンディション不調や環境への適応に苦しみ、試合欠場が続いたことで熱狂的なPSGサポーターから避難を浴びてしまいます。

試合に出ないままの退団の噂も出てきていた11月29日のASサンテティエンヌ戦でリーグ・アンデビューを果たすことができました。

「勝利とピッチへの帰還。この時をどれだけ待ち望んだか誰にも分からないはずだ」と復帰戦のインタビューで語っているように、まだまだサッカーへの情熱は冷めていません。

レッドカードデビュー

ちなみにですが、その後の12月21日のロリアン戦の後半から出場し、わずか4分でイエローカードを2枚ももらってしまし、代名詞の退場デビューも飾っています。

移籍初年度は12試合の出場でしたが、この少ない試合数で、2ゴール5失点5回のクリーンシート、イエローカード3枚、レッドカード1枚とインパクトしかないデビューシーズンとなりました。

YASU
YASU

やはり闘将は移籍しても変わりませんでしたねw

終わらない旅

2年目となった22/23シーズンは、ゲームキャプテンを任されることも増え、マルキーニョスとのコンビでリーグ・アン連覇に貢献。

33試合出場で無失点11試合とチームのディフェンスリーダーとして確かな活躍を見せました。

しかし、期待されていたCLでは8試合10失点と不安定さが目立ち、限界も見えてくるように。

それでも彼の存在はまだ健在だった為、PSGとの契約を延長するかに思われましたシーズン終了後、退団が発表されました。

YASU
YASU

給与の高さがネックにと報道されました。

古巣への期間

シーズンが終了し、次々にビッグネームの移籍が行われる中、セルヒオ・ラモスだけはチームが決まらずにいました。

アメリカ?サウジアラビア?様々な噂が流れる中、セルヒオ・ラモス本人も移籍に言及することなく、"引退"の2文字までが浮かび上がってきました。

しかし、そんな不安はシーズン開幕直後に吹き飛んだのです。

2023年9月5日、闘将のセビージャ復帰が発表。しかも驚くことに、年俸はなんと約1億6,000万円。

レアル・マドリード、PSGで得てきた年俸からすれば考えられない数字でした。

それでも、8歳からプロになるまで育ててくれた古巣への恩返しをする為に、帰還したのでした。

YASU
YASU

18シーズン年ぶりの復帰ですよ!!

魂のクラブで主役になる為に

C.ロナウド、メッシ、ネイマール...長く世界のトップに君臨してきた選手たちが、最前線から退く中、セルヒオ・ラモスだけは違いました。

自身の力を信じ、心に残る恩を返す為、情熱の国へと再来しました。

しかし、移籍後の彼のミッションはそう簡単なものではありません。

バルセロナ、アトレティコ、そして古巣レアル・マドリード。さらに、曲者揃いな中堅チームなど、立ちはだかる壁は多いです。

それでも世界最高の位置に君臨し続けたセルヒオ・ラモスの存在は、必ずセビージャを栄光に導くでしょう。

帰ってきたレジェンド、セルヒオ・ラモスのこれからの活躍に注目しましょう!

YASU
YASU

背番号は4番に決定!

セルヒオ・ラモスの試合にベットできる!!

セルヒオ・ラモスの活躍を視聴する方法

長い期間レアル・マドリードやPSG、そしてスペイン代表で活躍してきたセルヒオ・ラモス。

今季からは、古巣のセビージャでプレーしていくことになりました。そんなセビージャですが、開幕から3連敗で最下位に沈んでいます。

9月からはCLも始まるので、急速なチームの守備の立て直しが必要となりますが、セルヒオ・ラモスの復帰がその問題を解決してくれるはずです。

そんなセルヒオ・ラモスとセビージャの試合を視聴できるサービスはコンペティションによって異なりますので、それぞれご紹介します。

YASU
YASU

レアル・マドリードとの対決が見たい!

セビージャが参加するコンペティション

23/24シーズンのセビージャは3つのコンペティションに参加しています。

それぞれ視聴できるサービスを下記の表にまとめました。

セビージャの参加コンペティション

  • ラ・リーガ
  • コパ・デル・レイ
  • チャンピオンズリーグ

コンペティション毎の配信サービスと価格

各コンペティション
ラ・リーガ全試合視聴可能全試合視聴可能視聴不可
コパ・デル・レイ視聴可能視聴不可視聴不可
スーペル・コパ視聴可能視聴不可視聴不可
チャンピオンズリーグ視聴不可視聴不可全試合視聴可能
価格(月額)2,189円
詳細はこちら
3,700円
詳細はこちら
2,530円
詳細はこちら
無料トライアル31日間無料なしなし
見逃し配信ありありあり
複数端末の同時視聴4台まで2台まで不可能
リンク登録はこちら登録はこちら登録はこちら

23/24シーズンのセビージャはスペイン国内のコンペティションに加えて、CLの合計3つのコンペティションに挑みます。

セビージャの試合を全て視聴するには、U-NEXT・WOWOWの登録が必要となります。

上記のサービスを全て契約すると、毎月4,713円もの料金が発生するので、自分が見たいコンペティションを選んでサービスを契約するのが良いでしょう。

それぞれのコンペティションでおすすめの視聴方法をご紹介します。

YASU
YASU

自分が見たい試合を厳選して、なるべくお得に視聴しましょう!

ラ・リーガ|コパ・デル・レイの視聴方法

23/24シーズンの『ラ・リーガ』『コパ・デル・レイ』を全試合配信するサービスは、U-NEXTになります。

ラ・リーガに関しては、DAZNでも全試合配信してますが、U-NEXTはラ・リーガを含むスペイン国内のコンペティションを全て配信するので、圧倒的にU-NEXTがおすすめです。

さらに、U-NEXTのSPOTV NOWパックというプランに登録すれば、プレミアリーグも全試合視聴することができます。

C.ロナウドやベンゼマといったスター選手達を次々に獲得しているサウジプロフェッショナルリーグの一部試合を配信しています。

U-NEXTのSPOTV NOWパックとは

実質2,989円でU-NEXT+SPOTV NOWを視聴可能なお得に利用できるプランです。

ただし、U-NEXT登録初月の無料トライアル期間は、付与されるポイントが600円となり、U-NEXTは無料ですが、SPOTV NOWは2,000円から600円を引いた1,400円の支払いが必要です。

U-NEXTの詳細はこちらの記事で詳しく解説しているので、併せてご覧ください。

31日間の無料トライアルキャンペーン

YASU
YASU

SPOTV NOWパックはかなりおすすめです!

本ページの情報は2024年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXT公式サイトにてご確認ください。

チャンピオンズリーグの視聴方法

23/24シーズンのCLはWOWOWの独占配信が決まっています。

ELやECLもWOWOWに登録すれば、グループステージから決勝までの全試合を視聴可能になります。

WOWOWはスポーツ以外にも、多くのジャンルのコンテンツを豊富に揃えているので、サッカー以外でもお楽しみいただけるでしょう。

サッカーしか見ないという方は、CLの開催期間中だけか、見たいラウンドからWOWOWと契約する方法もおすすめです。

WOWOWは月額2,530円(税込)で全てのコンテンツが見放題です。

WOWOWについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

チャンピオンズリーグ独占配信

他のリーグの視聴方法や、海外サッカーをお得に視聴する方法については下記の記事で詳しく解説していますので、確認してみてくださいね。

【23/24シーズン】欧州サッカー視聴方法まとめ|リーグ毎のおすすめの視聴サービス
【23/24シーズン】欧州サッカー視聴方法まとめ|リーグ毎のおすすめの視聴サービス

続きを見る

YASU
YASU

ちなみに私は全てのサービスを契約しています(笑)

セルヒオ・ラモスの試合に賭ける方法

賭ける方法

ここまではセルヒオ・ラモスの半生と彼の活躍を視聴する方法をご紹介してきました。

あなたはそんなセルヒオ・ラモスの試合にお金をかけられるブックメーカー”というサービスをご存知でしょうか?

海外ではスポーツを対象とするギャンブルが盛んで、非常に人気です。

ブックメーカーとは

サッカーなどのスポーツを対象とした海外で人気のギャンブル。試合の勝敗予想だけでなく、スコアやコーナーキックの数など様々な予想項目にお金を賭けることが可能。

ブックメーカーはオンラインでプレイ可能です。

好きなサッカーの予想をして、お金を稼げるのは嬉しいという方も多いはずですが、ブックメーカーはギャンブルということは必ず理解しておきましょう。

ブックメーカーで継続的に利益を上げるには、押さえるべき点がたくさんありますが、大前提として使用するサイトが非常に重要になります。

数多く存在するサイトの中から、サッカーの試合に賭ける際におすすめのブックメーカーサイトを2つご紹介しておきますね。

Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)

はじめにご紹介するのがスポーツベットアイオーというサイト。

スポーツベットアイオーはプレミアリーグのニューカッスルやサウサンプトンのスポンサーを努めるなど、数あるブックメーカーの中でも特にサッカーへ力を入れているサイトです。

スポーツベットアイオーをおすすめする理由

  • 最短30秒で登録でき、すぐにプレイすることができる
  • サッカーに力を入れており、キャンペーンや独自機能が豊富
  • サポートが手厚く、24時間365日、日本語で問い合わせ可能

スポーツベットアイオーの特徴は、登録が簡単で日本円を入金してすぐにプレイすることができる点もそうですが、オリジナルのキャンペーンや独自機能も豊富な点があげられます。

また、サイトも完全に日本語対応しており、分からないことがあれば24時間365日、チャットで簡単に問い合わせができる点も魅力的です。

これからブックメーカーをはじめるという方には1番おすすめのブックメーカーサイトです。

スポーツベットアイオーの登録方法はこちらの記事で詳しく解説していますので、興味のある方は是非一読してみてくださいね。

簡単登録ですぐにプレイ可能

YASU
YASU

ブックメーカーをこれから始めるならスポーツベットアイオー1択です!

bet365(ベットサンロクゴ)

次にご紹介するのはブックメーカーの老舗で世界でトップクラスの人気を誇るbet365です。

bet365は2001年からブックメーカーを提供している、歴史のある業界最大手の企業です。全世界のユーザーが6,300万人を超えており、その人気の高さが伺えます。

そんなbet365ですが、私も愛用させて頂いており、実際に使用してみて感じた優れている点は大きく3つあります。

bet365をおすすめする理由

  • とにかくサイトの動作が軽い
  • ベットできる項目が他のサイトに比べて多い
  • 試合によってはbet365で視聴することが可能

bet365を使用していて1番嬉しい点がとにかくサイトの動作が軽いことです。

他のサイトでは時間帯によってはアクセスが集中しているのか、サイトが重くなることがありますが、bet365ではほとんどそういったことはありません。

また1つの試合で賭けられる項目が業界トップクラスに多く、全ての試合が対象ではありませんが、一部の試合に関してはbet365で視聴することができるのも魅力の1つでしょう。

ただbet365はサイトでプレイをする前に、個人情報書類の提出が必要ですので、気軽にはじめたい方にはおすすめできません。

ブックメーカーに慣れている方におすすめしたいサイトですので、まだ登録していない方はこの機会に登録しておきましょう。

bet365の登録方法はこちらの記事で詳しく解説していますので、興味のある方は是非一読してみてくださいね。

今なら入金ボーナスが最大1万円もらえる

YASU
YASU

bet365は中級者以上の人向けですが、慣れればとっても使いやすい!

セルヒオ・ラモス|まとめ

以上、今回はセビージャに移籍した闘将セルヒオ・ラモスについてご紹介しました。

銀河系軍団、無敵艦隊、新銀河系軍団。全ての最強チームでキャプテンとなり、数多くの偉大な栄光を手にしてきたセルヒオ・ラモス。

しかし、彼はまだまだ次の栄光を欲しています。

現役ながら伝説となった闘将はどこまで進化し、勝ち進んでいくのでしょうか?

世界最高のディフェンプレイヤー、セルヒオ・ラモスの活躍から目が離せませんね!

紹介してほしい選手や監督、クラブなどがありましたらお気軽にリクエスト下さいね!

記事更新の情報はX(旧Twitter)にて、更新していますのでフォローお願いします。

YASU
YASU

最後までご覧頂きありがとうございました!

CHECK
欧州サッカー5大リーグ・欧州カップ戦 完全ガイド【23/24シーズン】
欧州サッカー5大リーグ・欧州カップ戦 完全ガイド【23/24シーズン】

続きを見る

当サイトでは海外サッカーの欧州5大リーグを中心に、最新ニュースやスター選手のこれまでの生い立ちやエピソードなどをご紹介しています。

その他にも、ブックメーカーの攻略法試合予想など、今よりもサッカーを楽しむをテーマに記事を更新しています。興味のある方は併せてチェックしてみてくださいね。

ブックメーカーに関する情報は海外居住の日本人に向けて発信しています。

  • この記事を書いた人

YASU

サッカー選手の生い立ちやエピソードをメインに記事を執筆しています。推しのチームはリヴァプールとドルトムント。好きな選手はトニ・クロースで好きな監督はクロップ。夢はアンフィールドでYNWAを聞くことです!

-チーム・リーグ・選手紹介, 欧州5大リーグ
-, , ,