チーム・リーグ・選手紹介 欧州5大リーグ

冨安 健洋|世界最高の舞台で凌ぎを削る日本の侍【アーセナルFC|日本代表】

こちらの記事には、一部プロモーションが含まれています。

みなさんこんにちは、YASUです。

今回は、21/22シーズンからプレミアリーグで活躍し、アーセナルの名門復活に貢献した日本代表、冨安健洋についてご紹介します。

この記事で分かること

  • 冨安健洋の基本情報
  • 冨安健洋の生い立ちとエピソード
  • アーセナルの試合を視聴する方法
  • アーセナルの試合にベットする方法

冨安の試合にベットできる!!

冨安健洋のプロフィール

生年月日1998年11月5日(25歳)
国籍日本
出身福岡県福岡市博多区
所属リーグプレミアリーグ
所属チームアーセナルFC
ポジションDF
背番号18番
利き足右足
推定年俸4億8,500万円
冨安健洋の基本情報
シーズン所属クラブ
2015-2017アビスパ福岡
2018-2019シント=トロイデンVV
2019-2021ボローニャFC
2021-アーセナル
冨安健洋のクラブ遷移
YASU
YASU

世界に挑戦する冨安をご紹介!

本記事ではチャンピオンズリーグ=CL ヨーロッパリーグ=EL ワールドカップ=W杯と記載

冨安健洋の生い立ちとエピソード

怒涛の展開続きだった22/23シーズンのプレミアリーグで見事に復活を果たしたアーセナル。

かつてインビジブル=無敵と謳われた時代にも劣らない強さを見せ、マンチェスター・シティと優勝争いを繰り広げました。

強豪の姿を取り戻したアーセナルの一員に日本を代表する侍が所属しています。

それが今回ご紹介する冨安健洋です。

190cm近い体格と、持ち前のスピードを生かした対人守備は、これまでにプレミアリーグの選手達の強力な攻撃を何度も阻んできました。

読みが鋭く、相手のチャンスを潰すカバーリング能力は世界最高レベルとも評されており、アーセナルが彼を欲した1番の理由でしょう。

攻撃でもチームに貢献し、右サイドを駆け上がりゴールを演出する場面もありましたね。

日本代表歴代最高のDFにもなれる才能の持ち主である冨安ですが、一体どんなサッカー人生を歩んできたのか?

今回はそんな彼の人生をご紹介していきます。

YASU
YASU

ワールドクラスのDF冨安健洋のご紹介です!

恵まれた少年

冨安は1998年11月5日に福岡県に生まれました。彼のサッカーとの出会いは不思議なものでした。

2人の姉の影響で始めるはずだったのはなんと水泳。全く違う競技だったのです。

しかし、小学校に上がる前、祖母宅にあったランニングマシンで遊んでいた時に勢いよく転倒し、アゴを数針縫う大怪我を負ってしまいました。

この怪我で水泳を始めるタイミングを逃した彼は、代わりにサッカー教室へと出向いたのです。

もしあの時怪我をしていなければ、全然違う道に進んでいたかもしれませんね。

こうして始めたサッカー。ここから冨安健洋のサッカーキャリアは加速していきます。

本格的にチームに入るきっかけとなったのが、自宅マンションの廊下を走った姿を見た三筑キッカーズの辻代表が声をかけたことでした。

あまりにも綺麗なフォームで走る冨安に一目惚れしたのです。

入団後の冨安はFWとして活躍。人一倍体の大きい小学生は同年代の選手を圧倒するスピードで、この頃は敵なしの状態だったそうです。

11歳の頃には、バルセロナスクール福岡校にも掛け持ちで入団。ここで現在のポジションのDFを任されるようになりました。

スクールでも飛び抜けていた冨安を、福岡校のコーチは本場スペインのバルセロナに推薦。

久保建英と同じく小学生の段階で、バルセロナへの入団が決まりかけていました。

しかし、まだ小学生の子がスペインに移住するには総合的に難しく、この話は断念することとなりました。

YASU
YASU

バルセロナでの冨安も見たかった!

アビスパ福岡

スペイン行きを断念した冨安は、地元チームのアビスパ福岡のユースセレクションを受けることに。

全国的に冨安の名は知れ渡っていた為、ユースコーチも彼のプレーを楽しみにしていたそうです。

しかし、セレクション時点でのプレーの印象は"ハイレベルだが地味"だったそうです。

期待していた分、肩透かしだったそうですが、その印象は彼の入団後に、大きく変わります。

実は、冨安は小学生の頃から考えてプレーすることに長けており、瞬時に判断しながら最適なプレーをする並外れた能力の持ち主だったのです。

派手ではないので地味な印象を抱きがちですが、どんな場面でも最適なプレーをするという、実は難易度の高いプレーを見せていました。

ちなみにアーセナルのファンは冨安の事を、「Mr.Consistant=堅実」と呼びます。

これは完璧なプレーをする冨安に対してのリスペクトを込めた呼び名なのですが、実は冨安は小学生時代からそのプレーができていたのですね。

YASU
YASU

小学生から完成度高すぎ...

通過点のプロデビュー

冨安は類まれな能力と、真面目で熱心に練習に取り組むことが評価され、ユースチームではキャプテンを任されるなど、チームからの信頼も厚くなっていました。

中学3年生からトップチームの練習にも帯同し、着々とステップアップを果たすように。

高校生に上がるタイミングでは、挫折も経験しました。

日本代表のU-16世界選手権のアジア大会に出場した冨安は、準々決勝で韓国と対戦。

この時、韓国エースのイ・スンウに冨安のところから2失点を浴びて完敗した試合がありました。

普段あまり感情を出さない冨安ですが、この時は悔しさを滲ませ、目の色を変えて練習にも激しく取り組むようになりました。

2015年10月、冨安にとって忘れられない日がやってきます。高校2年生の時の天皇杯3回戦、町田ゼルビア戦でのプロデビューです。

この頃はボランチとしての起用が多く、この試合でも潰し屋的な役割で試合に出場します。

結果的に試合には敗れるも、鋭い読みで何度もインターセプトやカバーリングを見せ、爪痕を残しました。

アビスパは彼を高く評価し、高校卒業目前にプロ契約を交わすことに。

そして迎えた第3節のFC東京戦でJリーグデビュー。この年は公式戦16試合に出場を果たしました。

チームはJ2へと降格してしまいましたが、主力の退団もあり、冨安はアビスパで完全に先発に定着。

この頃は、右サイドバックやセンターバックとして活躍しており、J2第4節のロアッソ熊本戦ではプロ初ゴールも記録するなど、徐々に存在感を高めていきました。

YASU
YASU

世代別の日本代表でも活躍していました!

夢だった海外挑戦

アビスパで圧倒的な存在感を放つ冨安は、Jリーグの強豪チームから興味を示されていましたが、冨安にはある思いがありました。

小学校生のバルセロナスクール時代のスペイン遠征から抱いていた海外挑戦です。

その思いを叶えるため、2018年1月8日、冨安はベルギーリーグのシント=トロイデンVVへの移籍を決めたのでした。

移籍後初の出場となったのは、5月13日のプレーオフのロイヤル・アントワープ戦。後半アディショナルタイムの3分のみのデビュー戦でしたが、1つの夢を叶えた瞬間でした。

しかし、小学生時代から順風満帆だった冨安は、この海外挑戦で悩む日々を送ることになります。

海外の洗礼とでもいうのでしょうか?加入以降、冨安が出場した試合では、彼のミスでなくてもチームが失点すれば「冨安の責任」と評価されてしまったのです。

そんな理不尽な状況下でも冨安はひたむきに練習を重ねていました。

そして、18/19シーズンの開幕戦のサークル・ブルッヘ戦で監督のブライスは冨安を先発メンバーに抜擢。彼の努力の継続は結果へと繋がったのです。

その後はシーズンを通して圧巻の活躍を見せ、公式戦30試合に出場。高いディフェンス力が評価され、ファンが選ぶシーズンMVPにも選出されました

この頃には、日本のA代表にも招集され、10月のパナマ戦で初出場を果たし、センターバックとしては初の10代でのA代表デビューとなりました。

この活躍ぶりにブンデスリーガの名門ブレーメンもオファーを出すなど、冨安の名が欧州に轟くようになっていました。

YASU
YASU

成長速度がすごいですね!

5大リーグ進出

多くのチームが獲得に名乗りを挙げる中、最終的にはセリエAのボローニャへと移籍が決まり、2019年7月9日に移籍金約12億円での完全移籍が発表されます。

5大リーグの中でも守備の戦術で有名なセリエAでの日々は、冨安の成長をさらに加速させます。

8月25日、開幕戦のエラス・ヴェローナ戦でいきなりの先発。

右サイドバックとして1試合をフル出場で飾り、最高のデビュー戦とメディアに報じられるほど素晴らしいプレーを連発しました。

2019年9月には「今季のヨーロッパワンダーキッドトップ20」の10位にランクイン。エムバペやマウントなど次世代を担う選手達と名を連ねました。

シーズン終盤にはミラン相手にセリエA初ゴールを奪うなど、完璧なシーズンを過ごしたのでした。

移籍2年目となった20/21シーズンでは、さらに安定したプレーを見せ、ボローニャのディフェンスを支える活躍。

人気銘柄となった冨安を獲得しようと、世界各国のチームがボローニャにオファーを出すなど、一気に冨安の去就が騒がしくなりました。

ところが、ボローニャは冨安を非売品として一切の値下げ交渉を受け付けず、各チームが撤退。

ボローニャ残留が濃厚になった夏の移籍市場締め切り寸前、あの名門が名乗り出たのでした。

YASU
YASU

ミランからのオファーもありました!

強豪アーセナル移籍

冨安を欲したのは、プレミアリーグで復活を目指していた名門アーセナル。

監督のアルテタが冨安の能力を評価し、獲得を熱望したのです。

期待値の高い移籍となった冨安ですが、シーズンが開幕すると、その期待に応える活躍を見せつけていきます。

9月11日のノリッジ戦でプレミアリーグデビューを果たすと、好パフォーマンスを発揮。

その好調ぶりを維持し続けた結果、なんと加入していきなりチーム内月間MVPを獲得したのです。

チームにもファンにも認められた冨安でしたが、少しづつ不穏な空気が舞い込んできました。

YASU
YASU

デビュー後は素晴らしい活躍でしたね!

度重なる負傷

右サイドバックに定着してきた2022年1月、FAカップのノッティンガム・フォレスト戦で右太ももの負傷を負ってしまいます。

しっかりと治す必要があった怪我でしたが、チームの右サイドバックの人材不足の問題で、1月20日のカラバオカップのリヴァプール戦で強行出場した結果、悪化させてしまい、長らく戦線を離脱。

この怪我がアーセナルでの輝かしいキャリアを停滞させます。

21/22シーズンは終盤のマンチェスター・ユナイテッド戦で復帰を果たすも、先発奪還とはならずそのままシーズンが終了。

迎えた22/23シーズンでは、怪我の影響もあってベンチから戦況を見守るのがメインに。

守備力を買われて左サイドバックでの起用もされますが、中々結果を出せずに苦しみました。

そんな状況を打破する機会が冨安に回ってきました。

それは、22/23シーズンで首位攻防を繰り広げていたアーセナルとマンチェスター・シティ。

この両チームの直接対決で冨安は右サイドバックの先発を任されました。

世界中が注目していたこの試合は開始から息をつく暇もないほど緊迫した展開に。

冨安はグリーリッシュやハーランドを抑え込む安定したディフェンスで活躍を見せていました。

しかし、前半23分、冨安のキーパーへのバックパスが中途半端となり、デ・ブライネがそのボールをダイレクトでゴールに流し込んでしまったのです。

一時は同点に追いつくも、結果的にアーセナルは敗れ、冨安のミスが響いてしまう結果となってしまいました。

YASU
YASU

そのミス以外は本当に完璧だったのですが...

悔しさの残った22/23シーズン

アーセナルで思うように出場機会を得られていない冨安でしたが、日本代表では絶対的な選手として2022年11月に開催されたカタールW杯に出場します。

しかし、この大会直前にもハムストリングの怪我を負ってしまい、コンディションは最悪。

それでもグループステージのドイツ戦、スペイン戦と強豪を撃破した試合には途中出場し、きっちりと役目を果たしました。

そして、トーナメント1回戦のクロアチア戦では、延長戦を含め120分をフル出場で走り切りるなど大会を通してチームに貢献。

結果的に日本代表はPK戦でクロアチアに敗れ、ベスト16で姿を消したものの、冨安は次のW杯に繋がるような爪痕を残しました。

クラブに戻った冨安はアーセナルの優勝争いに途中出場ながらもしっかりと貢献していました。

しかし、佳境に迫ったシーズン終盤の3月16日、ELのスポルティング戦で、再度負傷し、手術を受けることに。

これにより怪我のままシーズンは終了し、アーセナルも優勝をあと一歩のところで逃してしまいました。

クラブ、代表、そして個人的にも悔しさの残るまま、激動の22/23シーズンは終了となりました。

YASU
YASU

怪我がなければとメディアも報じていました。

戦い続ける侍

シーズン終盤で失速し、昨季の優勝を逃したアーセナル。雪辱を晴らす為に新戦力を補強し、挑む23/24シーズン。

冨安は手術後の復帰を予定より3ヶ月も早くし、チームに戻ってきました。

まずはベン・ホワイトとの先発争いに勝ち、チームの主力になることが求められています。

世界トップレベルの選手が凌ぎを削るチームですが、必ず彼は先発の座を掴み、アーセナルを優勝という栄光へと導いてくれるでしょう。

世界最高峰の舞台の強豪チームで1人戦い続ける侍冨安健洋。

彼の23/24シーズンでの活躍に注目しましょう!

YASU
YASU

来年こそは悲願のプレミア制覇を期待!

冨安の試合にベットできる!!

冨安健洋の活躍を視聴する方法

冨安健洋はプレミアリーグのアーセナルに所属しています。

アーセナルは22/23シーズンで、強豪の姿を取り戻したアーセナルでしたが、マンチェスター・シティとの優勝争いに敗れ、惜しくも2位という結果に終わってしまいました。

しかし、16/17シーズン以来CL出場権を見事に獲得。冨安も初めてのCL挑戦となります。

そんな、冨安健洋とアーセナルの試合の活躍を視聴できるサービスはコンペティションによって異なりますので、それぞれご紹介します。

YASU
YASU

ちなみに私は全てのサービスに加入しています(笑)

アーセナルが参加するコンペティション

23/24シーズンのアーセナルは下記の4つのコンペティションに参加しています。

それぞれの視聴できるサービスを下記の表にまとめましたので、ご覧ください。

アーセナルの参加コンペティション

  • プレミアリーグ
  • FAカップ
  • カラバオカップ
  • チャンピオンズリーグ

コンペティション毎の配信サービスと価格

各コンペティション
プレミアリーグ全試合視聴可能全試合視聴可能
SPOTVNOWパック
視聴不可114試合視聴可能視聴不可
FAカップ一部の試合視聴可能視聴不可全試合視聴可能視聴不可視聴不可
カラバオカップ視聴不可視聴不可全試合視聴可能視聴不可視聴不可
チャンピオンズリーグ視聴不可視聴不可視聴不可視聴不可全試合視聴可能
価格(月額)2,000円
※詳細はこちら
2,989円
詳細はこちら
3,700円
詳細はこちら
960円
※詳細はこちら
2,530円
詳細はこちら
無料トライアルなし31日間無料なし2週間無料なし
見逃し配信ありありありありあり
複数端末の同時視聴不可能4台まで2台まで2台まで不可能
リンク登録はこちら登録はこちら登録はこちら登録はこちら登録はこちら

23/24シーズンのアーセナルはイングランド国内のコンペティションとCL、合計4つのコンペティションに挑むことになります。

アーセナルの試合を全て視聴するには、SPOTV NOW・DAZN・WOWOWの登録が必要となります。

上記のサービスを全て契約すると、毎月8,230円もの料金が発生するので、自分が見たいコンペティションを選んでサービスを契約するのが良いでしょう。

それぞれのコンペティションでおすすめの視聴方法をご紹介します。

YASU
YASU

自分が見たい試合を厳選して、なるべくお得に視聴しましょう!

プレミアリーグの視聴方法

23/24シーズンのプレミアリーグを全試合配信するサービスはSPOTV NOWになります。

ABEMAでも配信はしますが、厳選された114試合のみですので、プレミアリーグを見るなら圧倒的にSPOTV NOWがおすすめです。

さらに、C.ロナウドベンゼマといったスター選手達を次々に獲得しているサウジプロフェッショナルリーグの一部試合も配信しています。

SPOTV NOWの詳細はこちらの記事で詳しく解説しているので、併せてご覧ください。

プレミアリーグ全試合ライブ配信

YASU
YASU

セリエAやスコットランドリーグの一部試合も視聴できます!

プレミアリーグだけ視聴したい方は、SPOTV NOWのみの登録がおすすめですが、U-NEXTの『SPOTV NOWパック』に登録すれば、ラ・リーガを含めたスペインの全コンペティションも全て視聴可能です。

U-NEXTのSPOTV NOWパックとは

実質2,989円でU-NEXT+SPOTV NOWを視聴可能なお得に利用できるプランです。

U-NEXT登録初月の無料トライアル期間は、付与されるポイントが600円となり、U-NEXTは無料ですが、SPOTV NOWは、2,000円から600円を引いた1,400円の支払いが必要です。

U-NEXTの詳細はこちらの記事で解説していますので、ご興味のある方はチェックしてくださいね。

31日間の無料トライアルキャンペーン

YASU
YASU

SPOTV NOWパックはかなりおすすめです!

本ページの情報は2024年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXT公式サイトにてご確認ください。

FAカップ|カラバオカップの視聴方法

23/24シーズンのFAカップ・カラバオカップを視聴するのに1番のおすすめはDAZNです。

先程ご紹介したSPOTV NOWでもFAカップの一部試合は視聴できますが、DAZNでは1回戦から視聴可能ですので、FAカップを視聴したい方はDAZNに登録しておきましょう。

カラバオカップはDAZNの独占配信ですので、視聴する場合はDAZNの登録が必須となります。

ですが、カップ戦は試合数が多くはないので、開催している期間、もしくはどうしても見たい試合がある場合だけDAZNに登録するのも1つの方法です。

DAZNはイングランドのカップ戦以外にもセリエAやラ・リーガなどコンテンツが豊富で、サッカーが好きな方にはおすすめできるサービスです。

DAZNは月額3,700円(税込)で全コンテンツ見放題となりますが、お得なプランもありますので、気になる方はこちらの記事から詳細をご確認ください。

豊富なサッカーコンテンツを配信

YASU
YASU

DAZNに登録していれば多くの試合を網羅できます!

チャンピオンズリーグの視聴方法

23/24シーズンのCLはWOWOWの独占配信が決まっています。

ELやECLもWOWOWに登録すれば、グループステージから決勝までの全試合を視聴可能になります。

WOWOWはスポーツ以外にも、多くのジャンルのコンテンツを豊富に揃えているので、サッカー以外でもお楽しみいただけるでしょう。

サッカーしか見ないという方は、CLの開催期間中だけか、見たいラウンドからWOWOWと契約する方法もおすすめです。

WOWOWは月額2,530円(税込)で全てのコンテンツが見放題です。

WOWOWについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

チャンピオンズリーグ独占配信

他のリーグの視聴方法や、海外サッカーをお得に視聴する方法については下記の記事で詳しく解説していますので、確認してみてくださいね。

【23/24シーズン】欧州サッカー視聴方法まとめ|リーグ毎のおすすめの視聴サービス
【23/24シーズン】欧州サッカー視聴方法まとめ|リーグ毎のおすすめの視聴サービス

続きを見る

YASU
YASU

ちなみに私は全てのサービスを契約しています(笑)

冨安健洋の試合に賭ける方法

ここまで、冨安健洋のこれまでの半生と彼の活躍を視聴する方法をご紹介してきました。

あなたはそんな冨安の試合にお金をかけられるブックメーカー”というサービスをご存知でしょうか?

海外ではスポーツを対象とするギャンブルが盛んで、非常に人気です。

ブックメーカーとは

サッカーなどのスポーツを対象とした海外で人気のギャンブル。試合の勝敗予想だけでなく、スコアやコーナーキックの数など様々な予想項目にお金を賭けることが可能。

ブックメーカーはオンラインでプレイ可能です。

好きなサッカーの予想をして、お金を稼げるのは嬉しいという方も多いはずですが、ブックメーカーはギャンブルということは必ず理解しておきましょう。

ブックメーカーで継続的に利益を上げるには、押さえるべき点がたくさんありますが、大前提として使用するサイトが非常に重要になります。

数多く存在するサイトの中から、サッカーの試合に賭ける際におすすめのブックメーカーサイトを2つご紹介しておきますね。

Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)

はじめにご紹介するのがスポーツベットアイオーというサイト。

スポーツベットアイオーはプレミアリーグの名門ニューカッスルのスポンサーを努めるなど、数あるブックメーカーの中でも特にサッカーへ力を入れているサイトです。

スポーツベットアイオーをおすすめする理由

  • 最短30秒で登録でき、すぐにプレイすることができる
  • サッカーに力を入れており、キャンペーンや独自機能が豊富
  • サポートが手厚く、24時間365日、日本語で問い合わせ可能

スポーツベットアイオーの特徴は、登録が簡単で日本円を入金してすぐにプレイすることができる点もそうですが、オリジナルのキャンペーンや独自機能も豊富な点があげられます。

また、サイトも完全に日本ご対応をしており、分からないことがあれば24時間365日、日本語で簡単にお問い合わせができる点も魅力的です。

これからブックメーカーをはじめるという方には1番おすすめのブックメーカーサイトです。

スポーツベットアイオーの登録方法はこちらの記事で詳しく解説していますので、興味のある方は是非一読してみてくださいね。

簡単登録ですぐにプレイ可能

YASU
YASU

ブックメーカーをこれから始めるならスポーツベットアイオー1択です!

bet365(ベットサンロクゴ)

次にご紹介するのはブックメーカーの老舗で世界でトップクラスの人気を誇るbet365です。

bet365は2001年からブックメーカーを提供している、歴史のある業界最大手の企業です。全世界のユーザーが6,300万人を超えており、その人気の高さが伺えます。

そんなbet365ですが、私も愛用させて頂いており、実際に使用してみて感じた優れている点は大きく3つあります。

bet365をおすすめする理由

  • とにかくサイトの動作が軽い
  • ベットできる項目が他のサイトに比べて多い
  • 試合によってはbet365で視聴することが可能

bet365を使用していて1番嬉しい点がとにかくサイトの動作が軽いことです。

他のサイトでは時間帯によってはアクセスが集中しているのか、サイトが重くなることがありますが、bet365ではほとんどそういったことはありません。

また1つの試合で賭けられる項目が業界トップクラスに多く、全ての試合が対象ではありませんが、一部の試合に関してはbet365で視聴することができるのも魅力の1つでしょう。

ただbet365はサイトでプレイをする前に、個人情報書類の提出が必要ですので、気軽にはじめたい方にはおすすめできません。

ブックメーカーに慣れている方におすすめしたいサイトですので、まだ登録していない方はこの機会に登録しておきましょう。

bet365の登録方法はこちらの記事で詳しく解説していますので、興味のある方は是非一読してみてくださいね。

今なら入金ボーナスが最大1万円もらえる

YASU
YASU

bet365は中級者以上の人向けですが、慣れればとっても使いやすい!

ブックメーカーはギャンブルですので、正しい知識を持ってプレイする必要があります。これからブックメーカーを始める方はまずこちらの記事をご覧ください

冨安 健洋|まとめ

以上、今回は、アーセナル所属、日本代表の冨安健洋をご紹介しました。

少年時代から常に真面目に取り組み、継続という最高の技を身につけた冨安。

プロになってからも環境に不満を漏らさず、自分の努力の量だけを信じ続けた結果、彼は現在世界最高のリーグで輝いています。

日本を代表する侍は今後どのような輝きを見せてくれるのでしょうか?これからも冨安健洋の活躍から目が離せませんね!

紹介してほしい選手や監督、クラブなどがありましたらお気軽にリクエスト下さいね!

記事更新の情報はX(旧Twitter)にて、更新していますのでフォローお願いします。

YASU
YASU

最後までご覧頂きありがとうございました!

CHECK
欧州サッカー5大リーグ・欧州カップ戦 完全ガイド【23/24シーズン】
欧州サッカー5大リーグ・欧州カップ戦 完全ガイド【23/24シーズン】

続きを見る

当サイトでは海外サッカーの欧州5大リーグを中心に、最新ニュースやスター選手のこれまでの生い立ちやエピソードなどをご紹介しています。

その他にも、ブックメーカーの攻略法試合予想など、今よりもサッカーを楽しむをテーマに記事を更新しています。興味のある方は併せてチェックしてみてくださいね。

ブックメーカーに関する情報は海外居住の日本人に向けて発信しています。

  • この記事を書いた人

YASU

サッカー選手の生い立ちやエピソードをメインに記事を執筆しています。推しのチームはリヴァプールとドルトムント。好きな選手はトニ・クロースで好きな監督はクロップ。夢はアンフィールドでYNWAを聞くことです!

-チーム・リーグ・選手紹介, 欧州5大リーグ
-, , ,