サッカー NEWS その他リーグ 欧州5大リーグ

【最新版】UEFAクラブランキングTOP30|首位は3冠を達成したあの最強クラブ

こちらの記事には、一部プロモーションが含まれています。

みなさんこんにちは、YASUです。

当サイトではサッカーに関するいくつかのランキングをご紹介していますが、今回の記事では、UEFAが発表している『UEFAクラブランキング』についてご紹介します。

UEFAクラブランキングの概要から算出方法、そしてランキングTOP30までが分かる内容となっていますので、ぜひ最後までご覧頂きたいと思います。

ちなみに、1位は昨季3冠を達成した、あの最強クラブが君臨!皆さんの推しのチームは何位にランクインしているのでしょうか?

是非、最後までお楽しみください。

代表チームのランキングをご紹介している記事もありますので、チェックしてみてくださいね!

日本代表はランクを1つ落とすもアジアトップをキープ|FIFAランキングTOP30【2024年2月15日更新】
日本代表はランクを1つ落とすもアジアトップをキープ|FIFAランキングTOP30【2024年2月15日更新】

続きを見る

YASU
YASU

トップに輝いたのは一体どのチーム!?

UEFAクラブランキングとは

まずは『UEFAクラブランキング』の概要について簡潔に解説しましょう。

UEFAクラブランキングとは、UEFA(欧州サッカー連盟)が作成する順位のことです。

係数と呼ばれる各クラブの過去5シーズンの公式戦の結果から割り出されたポイントで、クラブチームのランキングは決まっていくシステムとなっています。

算出方法は、次の章で解説しています。

このランキングは、UEFA主催大会であるチャンピオンズリーグ』『ヨーロッパリーグ』『カンファレンスリーグ』のポッドやシード分けに用いられる為、クラブにとっては非常に重要な指標です。

直近5シーズンの成績が影響するので、1〜2シーズン好成績を残していたとしても、ランキングが急上昇するわけではありません。

UEFA(欧州サッカー連盟)とは

欧州サッカー連盟(Union of European Football Association:英語)の略称で、FIFA(国際サッカー連盟)の傘下に当たる競技団体です。

各国のサッカー協会が加盟する形で、現在の加盟協会数は55となっています。

主催大会はチャンピオンズリーグやヨーロッパリーグ、欧州選手権など有名な大会が多く、UEFAに加盟しているクラブや代表チームが参加するといった構成です

このUEFAが算出する係数は、クラブランキング以外に『ナショナルチームランキング』『カントリーランキング』が存在しています。

ナショナルチームランキング

UEFA主催の欧州の加盟国代表チームが戦う欧州選手権予選及び、欧州選手権の本戦の組分け抽選時に用いられる。過去3回の欧州選手権とW杯予選、過去2回の欧州選手権とW杯本戦の試合結果がこのランキングに影響する。

カントリーランキング

UEFA主催の『チャンピオンズリーグ』『ヨーロッパリーグ』『カンファレンスリーグ』に参加できる各国のクラブ数を決めるのに用いられる。こちらは、各国の協会に属するクラブが、前述した3つの欧州カップ戦で残した成績によって、各協会のランキングが作成される。

これらのランキングは、良い方がチームにとって有利に動くことが多い為、各クラブチームにとっては大事なランキングと言えます。

YASU
YASU

このランキングが大会に与える影響は大きいです!

UEFAクラブランキングの算出方法

続いては、UEFAが用いているクラブランキングの算出方法について解説しておきましょう。

以降はチャンピオンズリーグ=CL ヨーロッパリーグ=ELと記載 カンファレンスリーグ=ECLと記載

クラブランキングに関しては、過去5シーズンの成績から算出された係数か、同期間におけるカントリーランキングの協会係数の20%のどちらか高い方が採用されて順位が決まります。

各大会の単純な試合結果でのポイントは以下の通りになっています。

・勝利(延長含む)=2ポイント
・引き分け(PK戦決着は引き分け扱い)=1ポイント

※グループステージ以降の各試合のみが該当するので、プレーオフなどは計算外となります。

試合結果以外には、進出したステージやラウンドに応じたポイントが加算されるシステムとなっています。

ECL予選プレーオフ敗退2.5ポイント
ECL予選1回戦進出1ポイント
ECL予選2回戦進出1.5ポイント
ECL予選3回戦進出2ポイント
ECLグループステージ2位1ポイント
ECLグループステージ1位2ポイント
ECL準決勝進出1ポイント
ECL決勝進出1ポイント
ELグループステージ2位2ポイント
ELグループステージ1位5ポイント
EL決勝トーナメントプレーオフ突破1ポイント
EL準々決勝進出1ポイント
EL準決勝進出1ポイント
EL決勝進出1ポイント
CLグループステージ進出4ポイント
CLグループステージ2位通過5ポイント
CLグループステージ1位通過5ポイント
CL準々決勝進出1ポイント
CL準決勝進出1ポイント
CL決勝進出1ポイント

・ECLのグループステージ参加クラブのグループステージにおける合計獲得ポイントが2.5未満だった場合は、2.5ポイントとして扱う。
・ELのグループステージ参加クラブのグループステージにおける合計獲得ポイントが3未満だった場合は、3ポイントとして扱う。

以上が、UEFAクラブランキングの算出方法となります。

複雑に感じますが、正直この計算を覚えていてもあまり意味はないので、『そんな制度があるんだー』くらいの感じで認識してもらえれば、大丈夫です。

YASU
YASU

毎年CLに出るチームは必然的に係数が高くなります!

CLの試合にお金が賭けられる!

UEFAクラブランキングTOP30

それでは、本題となる、最新のクラブランキングのTOP30をご紹介していきます。

TOP30以降のランキングが気になる方は、下記のリンクからご覧頂けます。

【1位】マンチェスター・シティ|プレミアリーグ

19/2020/2121/2222/2323/24合計
2535273326146
上記がマンチェスター・シティの過去5シーズンの係数です。

クラブランキングで1位に君臨しているのはマンチェスター・シティです。

圧倒的な強さでプレミアリーグとCLを制した昨季の強さは今シーズンも継続されており、恐らくこのトップの座を簡単に譲ることはないでしょう。

ペップの戦術も浸透している中、適材適所に有能な選手を獲得しており、世代交代もうまく進めていますのでまるで穴がありません。

CLの舞台でも異質な強さを誇っており、夢の大会2連覇の可能性も十分にあるでしょう。

YASU
YASU

最強の名を欲しいままにしていますね!

【2位】バイエルン・ミュンヘン|ブンデスリーガ

19/2020/2121/2222/2323/24合計
3627262723139
上記がバイエルン・ミュンヘンの過去5シーズンの係数です。

トップと僅差で2位に位置するのがブンデスリーガの絶対王者バイエルン・ミュンヘンです。

過去5シーズンの成績で見ればマンチェスター・シティに劣らない強さを発揮しており、得意のCLの舞台でも難敵として他チームに恐れられています。

19/20シーズンのCL優勝以降はベスト8止まりとなっていますが、今季はハリー・ケインが加入したことで、優勝の可能性がグンと上がりました。

YASU
YASU

バイエルンは毎シーズン高い係数を獲得していますね!

【3位】レアル・マドリード|ラ・リーガ

19/2020/2121/2222/2323/24合計
1726302925127
上記がレアル・マドリードの過去5シーズンの係数です。

世界最高と謳われる銀河系軍団ですが、現在のランキングでは3位という結果に…

急速な世代交代を迎えている状況なので、若手選手がさらに進化すれば、C.ロナウドが在籍した時代のような、伝説的なチームとなる可能性を秘めているでしょう。

CLのグループステージでは全勝で突破するも、まだマンチェスター・シティやバイエルンとはポイントに開きがある状況です。

今後の結果に注目していきましょう!

YASU
YASU

王者の帰還はすぐです!

【4位】パリ・サンジェルマン|リーグ・アン

19/2020/2121/2222/2323/24合計
3124191920113
上記がパリ・サンジェルマンの過去5シーズンの係数です。

4位には、フランスのスター軍団・PSGが入りました。

ここまでチームを支えてきたメンバーが一気に退団したPSGですが、ルイス・エンリケの元、的確な選手獲得をしたことで安定的な強さを手に入れました。

しかし、リーグ・アンでは無双しているものの、CLでは死の組だったグループFで苦戦を強いられました。

何とかグループステージ突破を決めましたが、決勝ラウンドへの懸念点はまだ残されており、今後のCLでの結果次第ではランクが下位に下がる可能性も十分にあり得ます。

YASU
YASU

不安材料が多いチームですね...

【5位】リヴァプール|プレミアリーグ

19/2020/2121/2222/2323/24合計
1824331918112
上記がリヴァプールの過去5シーズンの係数です。

トップ5内には、唯一EL組のリヴァプールがランクインしています。

ここ5シーズンの係数が高かった為、上位をキープすることができていますね。

不調だった昨シーズンとは違い、今シーズンはメンバーの改革に成功し、強豪の姿を取り戻しつつあります。

EL優勝は必ず勝ち取り、CLの舞台に戻りさえすれば、さらにランクの順位は上がる強さを持ち合わせているでしょう。

YASU
YASU

個人的に応援したいチームです...!

UEFAクラブランキング【6位】〜【30位】

では、6位以降のクラブを一覧表でご紹介します。

このクラブランキングは常に変動しており、記事執筆時から変動している可能性もありますので、予めご理解ください。

順位チーム名リーグ名過去5シーズンの合計係数
6位インテルセリエA101
7位ライプツィヒブンデスリーガ97
8位チェルシープレミアリーグ96
9位ローマセリエA95
10位マンチェスター・Uプレミアリーグ92
11位ドルトムントブンデスリーガ89
12位バルセロナラ・リーガ89
13位アトレティコラ・リーガ87
14位セビージャラ・リーガ84
15位レヴァークーゼンブンデスリーガ82
16位ビジャレアルラ・リーガ82
17位ナポリセリエA80
18位ユヴェントスセリエA80
19位ポルトプリメイラリーガ77
20位ベンフィカプリメイラリーガ77
21位アタランタセリエA72
22位アーセナルプレミアリーグ71
23位ウェスト・ハムプレミアリーグ68
24位アヤックスエールディヴィジ67
25位レンジャーススコットランドリーグ63
26位シャフタール・Dウクライナリーグ63
27位フランクフルトブンデスリーガ60
28位ACミランセリエA59
29位クラブブルージュジュピラー・プロリーグ58
30位フェイエノールトエールディヴィジ57

意外なチームもランクインしていますが、基本的に欧州カップ戦に出ているチームがポイントを獲得するシステムですので、5大リーグ以外の欧州カップ戦の常連チームは必然的にランクが上になります。

従って、チーム力が上のクラブが、このランキングでは高い順位ではないこともあります。

ただ近年、このランキングのように予想できないほど、世界中のリーグでサッカーのレベルが上がっていることは事実です。

私は毎週のように夜更かしして各コンペティションの試合を視聴していますが、本当にどの試合もハイレベルで興奮して見られます。

もし視聴したいリーグやチームの試合がある方は、各コンペティションの視聴方法をまとめた記事がありますので、一緒にチェックしてみてくださいね。

【23/24シーズン】欧州サッカー視聴方法まとめ|リーグ毎のおすすめの視聴サービス
【23/24シーズン】欧州サッカー視聴方法まとめ|リーグ毎のおすすめの視聴サービス

続きを見る

YASU
YASU

採点方法の変更の必要があるとも言われています!

好きなチームや選手に賭けれるブックメーカー

みなさんは、今回ご紹介したチームの試合などにお金を賭けることができる、ブックメーカーというサービスをご存知でしょうか?

海外ではスポーツを対象とするギャンブルが盛んで、非常に人気です。

ブックメーカーとは

サッカーなどのスポーツを対象とした海外で人気のギャンブル。試合の勝敗予想だけでなく、スコアやコーナーキックの数など様々な予想項目にお金を賭けることが可能。

ブックメーカーはオンラインでプレイ可能です。

ただ、好きなサッカーの予想をして、お金を稼げるのは嬉しいという方も多いはずですが、ブックメーカーはギャンブルということは必ず理解しておきましょう。

ブックメーカーで継続的に利益を上げるには、押さえるべき点がたくさんありますが、大前提として使用するサイトが非常に重要になります。

数多く存在するサイトの中から、サッカーの試合に賭ける際におすすめのブックメーカーサイトを2つご紹介しておきますね。

Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)

はじめにご紹介するのがスポーツベットアイオーというサイト。

スポーツベットアイオーはニューカッスルのスポンサーを努めるなど、数あるブックメーカーの中でも特にサッカーへ力を入れているサイトです。

スポーツベットアイオーをおすすめする理由

  • 最短30秒で登録でき、すぐにプレイすることができる
  • サッカーに力を入れており、キャンペーンや独自機能が豊富
  • サポートが手厚く、24時間365日、日本語で問い合わせ可能

スポーツベットアイオーの特徴は、登録が簡単で日本円を入金してすぐにプレイすることができる点もそうですが、オリジナルのキャンペーンや独自機能も豊富な点があげられます。

また、サイトも完全に日本語対応しており、分からないことがあれば24時間365日、チャットで簡単に問い合わせができる点も魅力的です。

これからブックメーカーをはじめるという方には1番おすすめのブックメーカーサイトです。

スポーツベットアイオーの登録方法は下記記事で解説していますので、興味のある方はぜひご覧下さい。

【2023年最新版】スポーツベットアイオーの登録方法|Sportsbet.io
【2024年最新版】スポーツベットアイオーの登録方法|登録手順・注意点・登録後にやっておくべきこと

続きを見る

簡単登録ですぐにプレイ可能

YASU
YASU

ブックメーカーをこれから始めるならスポーツベットアイオー1択です!

bet365(ベットサンロクゴ)

次にご紹介するのはブックメーカーの老舗で世界でトップクラスの人気を誇るbet365です。

bet365は2001年からブックメーカーを提供している、歴史のある業界最大手の企業です。全世界のユーザーが6,300万人を超えており、その人気の高さが伺えます。

そんなbet365ですが、私も愛用しており、実際に使用してみて感じた優れている点は大きく3つあります。

bet365をおすすめする理由

  • とにかくサイトの動作が軽い
  • ベットできる項目が他のサイトに比べて多い
  • 試合によってはbet365で視聴することが可能

bet365を使用していて1番嬉しい点がとにかくサイトの動作が軽いことです。

他のサイトでは時間帯によってはアクセスが集中しているのか、サイトが重くなることがありますが、bet365ではほとんどそういったことはありません。

また1つの試合で賭けられる項目が業界トップクラスに多く、全ての試合が対象ではありませんが、一部の試合に関してはbet365で視聴することができるのも魅力の1つでしょう。

ただbet365はサイトでプレイをする前に、個人情報書類の提出が必要ですので、気軽にはじめたい方にはおすすめできません。

ブックメーカーに慣れている方におすすめしたいサイトですので、まだ登録していない方はこの機会に登録しておきましょう。

bet365の登録方法は下記記事で詳しく解説していますので、興味のある方はぜひご覧くださいね。

【2023年最新版】bet365の登録方法|手順と注意点を分かりやすく解説
【2024年最新版】bet365の登録方法|登録手順・注意点・登録後にやっておくべきこと

続きを見る

今なら入金ボーナスが最大1万円もらえる

YASU
YASU

bet365は中級者以上の人向けですが、慣れればとっても使いやすい!

ブックメーカーはギャンブルですので、正しい知識を持ってプレイする必要があります。これからブックメーカーを始める方はまずこちらの記事をご覧ください

【最新版】UEFAクラブランキングTOP30|まとめ

今回は、UEFA(欧州サッカー連盟)が算出するクラブランキングTOP30をご紹介しました。

過去5シーズンの成績がベースとなっているので、現在の強さとランキングの順位が見合っていないクラブもありましたね。

このランキングを見た人の意見は賛否分かれそうというのが私の個人的な感想です。

ランキングは試合結果に応じて逐一変動しますので、注目は続けていきましょう。

月に1回ほど、最新版のランキング情報を更新して情報共有しますので、ぜひ楽しみに待っていてくださいね!

最新記事の更新情報は『FANTASISTA公式X』で共有していますので、フォローしておいてくださいね。

今回は、クラブランキングのご紹介でしたが、代表チームのランキングである、FIFAランキングの解説記事もありますので、こちらも併せてお楽しみください。

日本代表はランクを1つ落とすもアジアトップをキープ|FIFAランキングTOP30【2024年2月15日更新】
日本代表はランクを1つ落とすもアジアトップをキープ|FIFAランキングTOP30【2024年2月15日更新】

続きを見る

それでは次の記事でお会いしましょう!

YASU
YASU

最後までご覧いただきありがとうございました!

FANTASISTAでは海外サッカーの欧州5大リーグを中心に、最新ニュースやスター選手の歴史やエピソードをご紹介しています。

その他にも、ブックメーカーの攻略法試合予想など、今よりもサッカーを楽しむをテーマに記事を更新しています。

初心者〜中級者の方の為になる記事も多いので、是非チェックしてみてくださいね。

【最新版】ブックメーカー始め方 完全ガイド|サイト選び〜稼ぐまでを徹底解説

続きを見る

ブックメーカーに関する情報は海外居住の日本人に向けて発信しています。

  • この記事を書いた人

YASU

サッカー選手の生い立ちやエピソードをメインに記事を執筆しています。推しのチームはリヴァプールとドルトムント。好きな選手はトニ・クロースで好きな監督はクロップ。夢はアンフィールドでYNWAを聞くことです!

-サッカー NEWS, その他リーグ, 欧州5大リーグ
-, , , , ,